課税標準額

不動産の購入を検討している方にとって、ぜひ頭に入れておきたいビジネスワードのひとつに課税標準額というキーワードがあります。漢字ばかりの複雑な言葉ですが、実は私たちの身近な税金に関係している、とても重要な言葉です。課税標準額にはどのような意味や由来があるのか一緒に見ていきましょう。

課税標準額の意味とは

課税標準額に標準税率を掛け合わせたものが、固定資産税となります。つまり家屋や土地の税金である固定資産税を算出するときの、大きな基礎となるのが課税標準額になります。標準税率は多少の誤差があるものの、基本の概念としては1.4パーセントと定められています。課税標準額を知ることによって、固定資産税がいくらになるのか大まかな値を計算することができます。

課税標準額の由来

課税標準額は国税通則法によって定められた、日本独特の法律用語です。不動産業界では固定資産税額の計算のために使われることが多くなっていますが、もともとは消費税に関する法律用語として誕生した言葉です。消費税法に定められた定義によると「課税の対象となった期間に売買をおこなった課税額のトータル」が課税標準額だと定められています。

課税標準額の文章・例文

例文1.住宅購入前に、課税標準額の知識をインプットしておきましょう
例文2.小さな土地の場合には、課税標準額も下がる傾向にあります
例文3.昨年の課税標準額を評価額で割ったものが、負担水準の値となります
例文4.税金の算出に大切なのは、評価額より課税標準額になります
例文5.念のため課税標準額を教えてもらえますか
住宅購入のときに避けて通れないのが課税標準額です。課税標準額を正しく知ることで、具体的にいくら固定資産税がかかるか把握することができます。

課税標準額の類義語

課税標準額と同じような意味で扱われるのが、評価額という類義語です。評価額は国が定めるもの、都道府県単位で発表されるものなど、いくつかのパターンがあります。国が定める評価額は公示価格や路線価と呼びます。都道府県単位で算出するものには、固定資産税評価額があります。税率をかけて求められる課税標準額とは、少し内容が異なった額になります。

課税標準額まとめ

土地や家屋の売買契約を結ぶときに、知っておきたい言葉が課税標準額です。固定資産税を求めるための数値で家屋に例えるなら、基礎となるパーツです。課税標準額が高くなれば、それだけ固定資産税も上がります。また課税標準額が安くなると、その分固定資産税にかかる費用は安くすみます。
課税標準額が高いと感じる場合でも、税金を安くおさえることができる調整措置を利用することによって、高額な税金を払いやすい金額に下げることも期待できます。
課税標準額について知識を深めたい場合は、お住まいの自治体の資産税課・建築課に相談してみることもおすすめです。税についての正しい知識を得ることによって、土地や家屋の所有をスムーズにおこなうことができます。

この記事を読んでいる人に人気の記事