誤嚥性肺炎

年を取ると若いころのようにスムーズに、食べ物がのどを通らないこともあります。ごっくんと飲み込むことが出来にくくなり、食事中にむせることが多くなったときに、知っておきたいのが誤嚥性肺炎という病です。誤嚥性肺炎の正しい知識をもって、長生きライフを目指していきましょう。

誤嚥性肺炎の意味とは

肺炎には色々なタイプがありますが、私たちの暮らしにもっとも身近な肺炎として知られているのが誤嚥性肺炎です。誤嚥性肺炎は「ごえんせい・はいえん」と読みます。スムーズに食べ物や飲み物をごっくんすることができず、食事の途中で食品が気道の中に入ることによって引き起こされます。誤嚥性肺炎にかかると食欲がダウンし、ときに発熱や咳がつづくことがあります。症状によっては咳が出ないこともあるため、いつもと様子が異なると周囲が感じたときは、近くの医療機関で早めに検査入院させることがおすすめです。

誤嚥性肺炎の由来

誤嚥性肺炎という言葉が広く定着するようになったのは、平成に入り高齢化社会が加速してきてからのことです。最近の日本人の死亡データをチェックしてみると、命を落とすキッカケの第3位が肺炎です。なかでも高齢者の多くが患う肺炎のタイプが誤嚥性肺炎と推測されるため、長生きしたい方は誤嚥性に気を付けた食事のとり方がより重要になります。最近では誤嚥性肺炎を防ぐ取り組み(嚥下リハビリなど)が全国の病医院ではじめられています。日本において誤嚥性肺炎に対する治療は、まだまだ進化途中。1人1人が肺炎に対する正しい知識をもつことが大切です。

誤嚥性肺炎の文章・例文

例文1.入居者の誤嚥性肺炎に対する予防策を組み立てた
例文2.70歳を過ぎたら、誤嚥性肺炎に気を付けなくてはね
例文3.誤嚥性肺炎予防のためのセミナーを開催した
例文4.母が誤嚥性肺炎と診断され、現在入院中です
例文5.誤嚥性肺炎用の抗生物質を用意してください
誤嚥性肺炎を患っているかどうかは病院で、CTスキャンなどを撮って診断されます。同時に血液検査をおこない、血液の数値に異常がないかチェックするところも多いようです。

誤嚥性肺炎の類義語

誤嚥性肺炎に似ているボキャブラリーとして、細菌性肺炎・ウイルス性肺炎などの言葉があります。細菌性肺炎や肺炎球菌などの手ごわい細菌が肺に侵入することによって、引き起こされる病です。またウイルス性肺炎はインフルエンザ・ウイルスなど、厄介なウイルスが悪さをすることによって引き起こされます。高熱が出る・苦しい咳が続く場合は、医療機関で正しい検査を受けることが重要です。

誤嚥性肺炎まとめ

誤嚥性肺炎は食べ物があやまって気道に入ったことによって起こる、危険な肺炎のひとつです。たかが肺炎といわれますが、肺炎は現在日本人の亡くなる原因の第3位を占めているほど恐ろしい病のひとつです。食べ物の飲み込みがスムーズにおこなえなくなったら、誤嚥性肺炎に注意を払うことも必要です。周囲に誤嚥性肺炎の疑いがある方がいれば、早めに医療機関での診察がおすすめです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事