語彙力を高める為に読書する

語彙力(ごいりょく)

人とコミュニケーションをとるうえで、言葉は重要になファクターのひとつですが、コミュニケーション能力が高いと言われている人は、それだけたくさんの言葉を知っていたり、言葉の使い方が上手かったりします。また言葉の引き出しが豊富である点も挙げられるでしょう。今日は語彙力の意味や由来について、解説していきます。

語彙力の意味とは

語彙力とは、「語彙=単語や言葉をどれだけ知っているか」を指す力の事です。英語だと「vocabulary」となります。
特に最近は語彙力について、貧困な表現が目立つと一部の学者や著名人が嘆いていますが、もちろん古くから伝わる美しい日本語も」大事ですが、同時に新しい言葉が常に生まれている事も要因の一つかもしれません。また活字離れによる読書量の低下や情報通信技術の発達により、文字を書く事が減った事で、語彙が増えていないという懸念点も指摘されています。

語彙力の由来

語彙の由来は明確なものはありませんが、古くから使われている言葉です。最近は「語彙力検定」なるものも作られて、日本語を正しく理解して広めていくという点にも重きが置かれています。

語彙力の文章・例文

例文1.あの人は語彙力が高いから話していて勉強になる
例文2.語彙力を上げるために勉強したい
例文3.語彙力の低さは克服する為に読書をする事を日課とした
例文4.より高いレベルビジネスに携わる為には、更なる語彙力が必要だ
例文5.人と仲良くなるためには言葉の引き出しが多い、つまり語彙力があればスムーズである
語彙力を身につけることで出来る事、対応出来る様になることは多く、語彙力が高くて損になるようなことはありません。また日本語は季節や変化や機微を捉えた美しい日本語が多くある為、そういった言葉をしっかりと自分の中に取り込んでいく事も重要です。

語彙力の類義語

語彙力に類似した言葉としては、言葉を覚えている量として「語彙量」などがある。また「○○力」という事であれば、「思考力」「判断力」「記憶力」「読解力」などもあげられます。

語彙力まとめ

総じて言えば、語彙力はあった方が良いものです。これらのレベル感を測るために上記にも記した様に「語彙力検定」といったものも存在していますが、語彙力そのものを身に着ける為にはテキスト等で勉強するというよりは、語彙力の高い人のセミナ―に参加したり、そういった人と直接対話する方が効果的なものではないでしょうか。もちろん身近ですぐ出来るという事であれば、読書が挙げられます。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事