詰めるとは、ヤクザの世界では指を切ること

詰める(つめる)

「詰める」とは、様々な意味が存在します。
「お弁当を詰める」や「料理を重箱に詰める」「隙間に新聞紙を詰める」「ズボンの丈を詰める」「働き詰める」「毎日通い詰める」「思い詰める」「問い詰める」
など他にも「詰める」の意味はたくさん存在します。
しかし、ヤクザの世界では、何を「詰める」かと言うと、グロテスクな表現になってしまいますが、それは「指」です。
「指詰め」「断指」「エンコ詰め」などの言い方が存在します。

そこで、今回は色々な意味を持つ「詰める」これが、どんな意味や使い方があるのか説明していきます。

詰めるの意味とは

詰めるとは、色々な意味があります。
一般的に知られている「詰める」とは「生活費を詰める」「虫歯を詰める」「議論を詰める」「タイルを貼り詰める」「敷き詰める」
など、様々な場面で使われます。
しかし、ヤクザの世界での「詰める」の意味は、人の「指」を詰めるという恐ろしい意味を持ちます。
組織の掟を破ったりした時の反省の意を込めたり、強制的に抗議をする時などに自ら小刀等で小指を落とす習慣があるからです。
なぜ小指を切り落とすのかというと、人間は小指を切り落とされる事によって、うまく手に力が込めることが出来なくなります。
例えば喧嘩の際、拳を握った時などにパンチに力が入らなかったり、刀の柄を握る力も絶対に半減してしまします。
ヤクザにとっての価値(暴力的)を半減させてまで相手に想いを込めて指を差し出すのです。

詰めるの由来

ヤクザの世界での詰めるの由来は「古来から誓約の証として自身の体を傷つける行為が行われており、その行為のなかに指詰めも見られたと言われています。

詰めるの文章・例文

例文1.上司が部下を詰める
例文2.任侠映画で詰めるシーンがあり目をふさいだ
例文3.ズボンの丈を詰める
例文4.遠い会社まで毎日通い詰める
例文5.隙間に新聞紙を詰める
詰めるとは、様々な意味が存在します。
詰めると言っても、本当にたくさんの使われ方がありますね。

詰めるの会話例

  • 質問者アイコン

    任侠映画を鑑賞していたら指を詰めるシーンが急に登場して怖かったよ

  • 回答者アイコン

    私は絶対に見たくない

  • 質問者アイコン

    覚悟はしていたんだけどね...

  • 回答者アイコン

    覚悟していても仕方ないよ。

ヤクザの世界での、詰めるの意味は「指」を詰めるというとても怖い意味があります。

詰めるの類義語

詰めるの類語・関連語としては、「絞める」「締め付ける」「固く締める」などが存在します。

詰めるまとめ

「詰める」とは本当に様々な意味があります。
一般的にはあまり知られていないかと思いますが、ヤクザの世界での「詰める」という意味は指を切るという意味になります。怖いですが、「詰める」のたくさんある意味を覚えていても損じゃないかと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事