ビジネスマンとして試金石の場面

試金石(しきんせき)

試金石は、しきんせきとは、金の品質を計るために用いられる主に黒色の石英質の鉱石を指し示しております。 一般的には、緻密な粘板岩であり碁石などの材料として用いられる那智黒石が使用されるものとなりますが、表面に金をこすりつけて、その金の価値を導き出してくれる素材として活用される石盤のことを指し示します。
また、ビジネスシーンにおきましては、人材を計るための判断材料として、用いられる形になります。「この人材を起用することがわが社についての今後の試金石となるだろう」と言うような形で、今後の展開を判断するための判断材料と言う形で使われるシーンが多い形となります。

試金石の意味とは

試金石の意味とは、その漢字の如くで、金の価値を測る石であると言う意味合いが最適であると思います。やはり、金には、それぞれグレードがありますので、10金や13金等の金としての等級を測る際には、必ず試金石が必要になります。金の価値を計測する盤となりますために、非常に重要な位置付けとなります。
また、それとは、平行して、ビジネスシーンにおいても、試金石として、人の価値を計る物事の価値を計るための判断材料として使われる場面においても使用される語句となります。どちらにしても、それぞれ、金の価値を計る、人の価値を計ると言う意味合いに用いられますので、人、金、物を計る基準、判断材料であると言う際に用いられる語句であります。

試金石の由来

試金石の由来や語源として、金などの貴金属の純度を調べるために使用されていた黒色の硬い石のことを称していましたが、 この石を金属にこすりつけ、その条痕色を標準品のものと比較して純度を判定したところから、このように試金石として呼ばれるようになったとされています。まさにこれは人類としての文明の成果であり、応用した所で、試金石としての価値を見出せたことになります。金の市場については、必要不可欠な語源となっています。
また、ここから派生する形でビジネスシーンにおきましても、人材発掘の観点から、「この人材は社運とかけた試金石として運用される形になる。」と言うような使い方で、会社を左右する人事面において、試金石を使うのが妥当と言う形になり、ビジネスシーンにおいても使われるようになりました。

試金石の文章・例文

例文1.今回のチーム発足については、会社の今後を左右する試金石となることであろう。
例文2.この純金は、本当に信頼できるものなのか、その真偽を見分けるためにも、試金石を使用する。
例文3.この社運をかけたプロジェクトを成功できるかどうかが、今後の試金石となるのだ。
例文4.今回の選挙運動の結果が政界の今後を左右する試金石となるであろう。
例文5.今回のこの試金石を用いた純金の測定結果としては、非常に金の価値がある事が分かった
このように金としての市場価値を決定するシーンや、ビジネスシーンにおける社運がかかる状況や、人事、物事を決める重大なシーンについて、試金石が用いられる形となります。

試金石の会話例

  • 質問者アイコン

    今回のプロジェクトには社運がかかっているから、非常に責任が重いね。

  • 回答者アイコン

    ただ今回のプロジェクトの結果は、課長の部長への昇進の試金石とされているのではないですか?

  • 質問者アイコン

    この規模のプロジェクトを成功されられるかどうか、確かに試されているかもね。

  • 回答者アイコン

    そうですよ!気持ち新たに成功に向けて、みんなで頑張りましょう!

試金石は試されるというニュアンスで使われるケースが多いため、その為の会話文となります。

試金石の類義語

比較の基準と言う語句が相当で、更なる類義語としましては、
「準則」「規格」「物差し」「尺度」「準拠」「判定基準」「標準」「目安」「標準尺度」等が類義語として挙げられます。

試金石まとめ

試金石は純粋に金の価値を計ることから運用されて、そこから派生する形で、人事上での尺度や、物事を計るための基準として、使用されることとなりました。特に会社においては、人事関係や会社の今後を決定する重要なプロジェクトの場合に社運をかけた試金石となると言うような形で、重要な決定事項の前に使用される語句となっています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事