計略を謀る戦国武将

計略(けいりゃく)

物事を始める際に何も計画なしに、いきなり始めたり進める様な事はありません。多くの場合はしっかりと計画を立てて、目標をセットして進めていくのが基本になります。
そこで関連する言葉として、「計略」という言葉がありますが、意味は理解できているでしょうか。計略の意味や由来、使い方まで分かりやすく解説をしていきます。

計略の意味とは

計略の意味は、目標や目的を達成する為に必要なことを事前に考えて、準備をしていく事を意味します。またもう一つの意味として、相手を騙したり、貶める為の企みの事を指します。
一般に計略と言うと、2つ目の相手を騙したり、貶める企みの事をイメージする事の方が多いでしょう。

計略の由来

計略の由来は言葉を分けて考えてみると、「計」という字には数を数えるや、考える・調べるなどの意味があります。「略」にははかる・はかりごと・たくらみなどの意味があります。
これらを繋ぐと、たくらみを考えるや調べるなどのニュアンスで計略という言葉が成り立っている事がわかるでしょう。

計略の文章・例文

例文1.計略が事前に外に漏れれば、意味を成さなくなるのでかん口令を敷いた
例文2.国家の一大事に備えて、あらゆる計略を立てておくのも重要である
例文3.日本の戦国時代の武将は計略に優れていたと言われている
例文4.目標達成の為には、事前に計略を練っておくことが非常に重要と言える
例文5.目標を外部に公言する事で計略を逆算して考える方法もある
計略はとかくネガティブな意味合いで使われる事も多いですが、目標を達成する為の事前準備するというニュアンスもありますから、しっかりと覚えておきましょう。

計略の会話例

  • 質問者アイコン

    上杉謙信なんかは計略に優れた武将であったと言われているけど、知っているかい?

  • 回答者アイコン

    知ってますよ!こう見えて、歴史大好きなんですから
    武田信玄に山本勘助という軍師がいて、計略・調略に優れていたのに比べると…

  • 質問者アイコン

    そうかな?上杉謙信が北条の大軍を退けたのも、優れた計略があったからこそだと思うんだけど。

  • 回答者アイコン

    目も口も開けられずに後ろを振り返れず川で兵士が溺れていったのは、確かに見事な計略と言えますね。

歴史における計略の使い方を書きました。現代では計略という言葉は穿った見方をされる可能性もあるので、利用には注意が必要です。

計略の類義語

計略の類義語としては「調略」「知略」「策略」「画策」「謀略」などが挙げられるでしょう。

計略まとめ

計略が2つの意味を持っている言葉であることは冒頭で述べたとおりですが、多くの人が相手を騙す・貶めるの意味で理解をしていますので、この機会に正しい意味も理解をした上で利用をしていきましょう。
ただし誤ったシチュエーションで使うと、反感を買ったり、顰蹙をかう恐れがありますので、注意しましょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事