親睦会をする人たち

親睦会(しんぼくかい)

飲み会が苦手な若い人や若い子が多いならと遠慮してしまう年配者が多く飲み会の出席率が低くなっているため、飲み会を開くのをやめようと言う会社は最近では少なくありません。それでも年に1回、2回懇親会や親睦会を行おうと言う取り組みはあるようです。また、親睦会は大学のサークルなどで重要とされ開かれることが多いのではないでしょうか?実は、懇親会と親睦会は似ていますが目的が若干違います。親睦会はどのような意味でどう使われるのか解説していきます。

親睦会の意味

会を通じて互いに親しみ合うと言う意味があります。

親睦会の由来

親睦会は同じグループに所属しているもの同士交流を深める、仲良くなることが目的で開かれます。すでに知り合っている人同士や知らない人、まだ仲良くなれていない人との交流の場として設けられます。歓迎会などの意味合いで使われることも多くあります。

親睦会の文章・例文

例文1.知らない人ばかりだったけど親睦会でたくさん話せる人ができた
例文2.人見知りをしてしまうので断っていたがいざ親睦会に行ってみると皆絶えず話しかけてくれるので楽しかった
例文3.人と話すのは苦手なので親睦会はちょっと疲れた
例文4.新入生が入ってきたので来月頭に部活の親睦会が開かれる
例文5.大学のサークルの親睦会は気楽に行けるので好きだ
懇親会ほど固さはない会なので、人と話すのが好きな方は気楽に参加できます。

親睦会の会話例

  • 質問者アイコン

    今度歓迎会も兼ねて親睦会をやるから来てよ。結構話好きが多いから楽しいよ。

  • 回答者アイコン

    親睦会なんてあるんですか?
    楽しそう、ぜひ参加したいですけど、私人見知りしちゃうんでその輪に入れるか心配です。

  • 質問者アイコン

    大丈夫!面倒見いい人もいるし周りがたくさん話しかけてくれるからすぐ慣れるよ

  • 回答者アイコン

    そうですか、それなら参加してみます。よろしくお願いします!

先輩が後輩を親睦会に誘う会話になります。

親睦会の類義語

親睦会似た言葉に「懇親会」があげられます。

親睦会まとめ

親睦会は同じグループ内、同じ趣味の仲間などを集めて、知らない人や知ってるけどなかなか接点がなく話せなかった人と話せるとても良い機会です。色んな人と仲良くなろうという目的で開かれますので、参加するメンバーはとにかく人と関わるのが好きな方が多い印象です。年代や趣味、性格が似ている人が集まりやすいかと思いますので緊張とは裏腹に結構気楽に参加できる場であることが多いのではないでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事