親方日の丸で失職の心配がない

親方日の丸(おやかたひのまる)

「親方日の丸」という言葉を初めて覚えたのは、ギネス記録を誇る国民的漫画の「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の作品からでした。主人公の両さんは初期ではハチャメチャで、勤務中に拳銃を撃ちっ放すや遊びに没頭するなどが日常茶飯事で、そんな際に警察官という立場をもって「親方日の丸だからクビにはならない」「親方日の丸だから安心」といったセリフが何度も登場したのです。子供心に圧倒的な絶対性を理解した「親方日の丸」について解説をさせて頂きます。

[adstext]
[ads]

親方日の丸の意味とは

「親方日の丸」の意味は以下の通りとなります。
(1)経営破綻の恐れがない仕事に就く公務員や官庁に公営企業やその社員などの事で、それを皮肉って使う言葉でもある。
(2)一般企業よりも倒産リスクが遥かに少なく国家の下で働く安心感を喩えた言葉。
(3)公務員や半官半民の様な特殊会社や団体職員など、国家権力の恩恵を受けられる会社や職種。
「親方日の丸」は「親方が日本国」となり、要するに「いざという時は国が守ってくれる」というニュアンスがある言葉です。それを踏まえて、現代では扱いが難しく範囲をどこまで広げるのかで意見が分かれる言葉でもあります。かつては、完全なる公務員全般でありその職場の建物、国営企業やそこで働く人々の事でした。だから、警察署や消防署という建物を「親方日の丸だから頑丈だ!」と皮肉ったり、当然そこで働く警察官にも「親方日の丸だからクビがない」と皮肉が言われたものです。これは、公務員など官庁は税金によって運営され国の監視下で経営破綻などがないので、業績悪さなど無関係である事が一般人は不快だったからです。しかし、現在はかつての国営企業がNTTやJTとなり民営化されたとはいえ、一般企業よりは明らかに優遇される特殊会社扱いで、他にも鉄道公団や道路公団などの特殊法人に大手電力や水道会社など、さらに大銀行や大企業なども経営破綻の恐れは少なく万が一の事態でも税金が投入されます。この様な優遇される一部企業は事実上の「親方日の丸」の傘下であり、これらは含めないで公務員等だけ揶揄するのは時代遅れとなったのです。よって、公務員だけでなく国から厚く保護される大企業や特殊法人にそこで働く人々を「親方日の丸」として、揶揄して使うのが適切と今はされています。

親方日の丸の由来

「親方日の丸」の由来は、正式には判明していません。”親方”という言葉は歴史が古く、平安時代の頃には現在と同じ様な「親の代わり」という意味で使われていました。”日の丸”は太陽をかたどり日章旗の事です。文献としては、ジャーナリスト・浦松佐美太郎の「日本拝見」に文言が記されています。

親方日の丸の文章・例文

例文1.警察官の友人は、親方日の丸だから将来は安心できるが完全な階級社会なので息苦しいとぼやいていた。
例文2.親方日の丸の助けによって、日本ではコロナの経済対策として定額給付金10万円が支給された。
例文3.親方日の丸で出世をすれば、宝くじが当選するよりも幸せな人生を歩めるものだ。
例文4.年度末に道路工事のバイトをしていたら、酔っ払いから「親方日の丸の手先が!」と絡まれてしまった。
例文5.かつては親方日の丸として働くのは自慢できたが、今では政権に仕える番犬のようでどうも嫌悪してしまう。

「親方日の丸」を肯定や否定的に使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

親方日の丸の会話例

  • 質問者アイコン

    久しぶり! 何十年ぶりかなー。ところで今は何しているの?

  • 回答者アイコン

    私は今は開業医の歯医者だよ。

  • 質問者アイコン

    すごい、エリートじゃん。勝ち組人生だよ。

  • 回答者アイコン

    ところがそうでもないの。毎月の支払いが多くて大変。これなら役人になって、親方日の丸として気楽に生きた方が良かったって、正直後悔している。

久しぶりに再会した女性が歯医者になって成功していたが、本人はあまり嬉しそうではなかったという会話です。

親方日の丸の類義語

「親方日の丸」の類義語は厳密にはありませんが、比較的に似ているのは「保守的」「一生安泰」「食いっぱぐれがない」などの言葉が挙げられます。

親方日の丸まとめ

「親方日の丸」とは公務員や官庁などを喩えた言葉で、一般人よりも社会的な経済リスクが少なく会社が倒産する恐れが無い事から呼ばれます。よって、公務員以外の大多数からは羨ましさや妬みから揶揄されて「親方日の丸」と呼ばれる事が多いです。一方、近年は公務員だけでなく、大企業や特殊法人などの国の恩恵がもろに受けられたり倒産する可能性が低い企業も中身は同じ事から、「親方日の丸」と呼ばれる傾向です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事