主従関係は強いことを意味している

親子は一世夫婦は二世主従は三世(おやこはいっせ、ふうふはにせ、しゅうじゅはさんぜ)

この言葉を聞いたことがあるでしょうか。この言葉は、主従の関係は前世、現世、来世にわたる強い結びつきであることを表しています。この現代において、主従関係と言ってもいまいちピンと来ないかもしれません。
しかし、人間の歴史には、強い主従関係によって成り立ってきた歴史もあります。そんな歴史と深く結びつくようなこの言葉について詳しく見てみましょう。

[adstext]
[ads]

親子は一世夫婦は二世主従は三世の意味とは

この言葉の意味とは、親と子の関係は現世だけ、夫婦の関係は前世と現世、もしくは来世での二世にわたり、主従関係は前世、現世、来世にわたる強いものだということを表している言葉なのです。

親子は一世夫婦は二世主従は三世の由来

この言葉は封建社会においての主従関係を表していて、主従関係というものはそれだけ強い結びつきとなるということなのです。

親子は一世夫婦は二世主従は三世の文章・例文

例文1.親子は一世夫婦は二世主従は三世というように、師弟関係もとても強い結びつきとなる。
例文2.親子は一世夫婦は二世主従は三世と言われるが、この家族のきずなは来世でもきっと結びついていると思う。
例文3.私は師匠についていくと決めました。親子は一世夫婦は二世主従は三世というように、ずっとあなたのそばにいます。
例文4.親子は一世夫婦は二世主従は三世という言葉は、親子関係が血縁がなくなると希薄になるという皮肉の意味もある。
例文5.親子は一世夫婦は二世主従は三世のようにつき従うような師がほしい。
この言葉を用いるときにはある程度重いということを覚えておきましょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

親子は一世夫婦は二世主従は三世の会話例

  • 質問者アイコン

    先生、これでもうあなたの弟子ではなくなりました。そのうち、私も弟子をとるでしょう。

  • 回答者アイコン

    これは喜ばしいことなのです。もっと嬉しい顔をしなさい。

  • 質問者アイコン

    私は、それでもあなたの弟子です!親子は一世夫婦は二世主従は三世というように、あなたのことは来世でも探して、師と呼びましょう。

  • 回答者アイコン

    私は、もう過去の人なのです。あなたのような若者はもう私のような人のことはほっといて、前に進みなさい。

師匠と呼べるような人に出会うことができることは、とても尊ぶことなのでしょう。

親子は一世夫婦は二世主従は三世の類義語

親子は一世夫婦は二世主従は三世の類義語はありませんでした。

親子は一世夫婦は二世主従は三世まとめ

この言葉は、主従関係というものはとても強いものだとしている一方で、親子関係は血縁関係にあるから尊ばれるということを表しています。この意味は、今の時代においては共感しがたいものですが、それだけ主従関係というものは絶対だったのです。
世界にはこうした封建制度が残っている国や地域があります。自由だからこその苦悩も、主従関係だからこそのメリットもそれぞれあるということももっと知ってみてはいかがでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事