親善大使によって友好な関係が保たれている

親善大使(しんぜんたいし)

新型コロナウイルスによって、世界各地で感染が拡大しています。世界各国でさまざまな被害が報告されている今だからこそ、今までの国同士の交流度合いが試されているような気がします。さらに、NYダウの大暴落などによって世界金融にも大きな被害があり、各所で不安の声があがっています。
そんな時に問われるのが、いままでの親交です。どれだけ親善大使を通して、親交を深めていたかが問われています。今回は、そんな「親善大使」について詳しく見てみましょう。

親善大使の意味とは

国家間、地域間、組織間などの親善を行うために、式典の参加や宣伝活動を行う役目のことを指します。

親善大使の由来

いつから親善大使という役目ができたのかなどについての詳細は不明でした。

親善大使の文章・例文

例文1.親善大使によって、その地域の知名度が上がった。
例文2.親善大使は、宣伝的な要素のほうが強い。
例文3.親善大使には、外交特権などは持っていないことが多い。
例文4.親善大使は、象徴的役職なので、芸能人なども選ばれる。
例文5.有名人の知名度にあやかるために親善大使があるといっても過言ではない。
テレビなどでよく取り上げられる親善大使のイメージだと、宣伝目的のほうが強い感じがします。

親善大使の会話例

  • 質問者アイコン

    この間、地元の親善大使にあの若手女優が起用されていたみたいなんだ。俺、そのPRイベントに早速行ったよ。

  • 回答者アイコン

    へー、やっぱり実物もかわいかった?どんなPRイベントだったの?

  • 質問者アイコン

    地元の特産品の早食いイベントだった。彼女が一番早かったからびっくりしたよ。

  • 回答者アイコン

    女優の本気っぷりがわかるわね…

最近では、遠方からも来てくれるようなイベントを開催するところも多くあります。

親善大使の類義語

親善大使の類義語として、「親善試合」「親交」などがあげられます。

親善大使まとめ

最近は大きな災害に見舞われることが多くなった日本ですが、そんな日本に多くの国が手を差し伸べてくれています。これも、普段から親善大使などを通して、親しい間柄を保っているからこその助け合いだと思います。
普段はそんなに聞いたことがない国でも、いざというときには力になってくれる国もたくさんあります。そういったことに対してもっと周知することによって、より助け合いの精神をはぐくむことができるのではないでしょうか。
今回はそんなきっかけになる親善大使についての記事でしたが、この記事を通してもっと日本の交友関係のある国について調べてみませんか?

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事