裏アカウントを作る

裏アカウント(うらあかうんと)

携帯電話やパソコンを日常的に使うような時代となり、FacebookやTwitterInstagramといった、いわゆるSNSやソーシャルゲームアプリなど何かしらに登録しているというような方がほとんどではないでしょうか。SNSやゲームに登録したらアカウントというものが発行されますが、近年話題として上がるのは、「裏アカウント」というものです。では、この裏アカウントがなんなのかを解説していきたいと思います。

裏アカウントの意味とは

裏アカウント(裏垢と略称することもあります)とは、実質的にそういうものが存在しているわけではなく、通常投稿用に使っているSNSのアカウントを表とするならば、公表していないアカウントを裏と指したネットスラングになります。裏アカウントの活用方法は様々ですが、身の回りにいる人の普段は言えないような悪口や愚痴といったものを書き込む人が多いようです。それによりストレス発散を促しているというのが目的の部分ではないでしょうか。

裏アカウントの由来

この裏アカウントがいつからあるのかというのは、正直なところ不明です。SNSの普及と、アカウントの作成が1人1つでなくても可能であるということに気づいた人から普及していったのでしょう。

裏アカウントの文章・例文

例文1.裏アカウントを持っている人は多い
例文2.裏アカウントの活用方法は主にストレス発散
例文3.口を裏アカウントに書き込んでいる人が多い
例文4.裏アカウントは持っていない
例文5.裏アカウントに書き込みされていた
裏アカウントとという名前よりは略称の裏垢で使う人の方が多いでしょう。次に会話を交えながらの解説も見ていきましょう。

裏アカウントの会話例

  • 質問者アイコン

    最近、部下とコミュニーションがうまくいっていない気がして…

  • 回答者アイコン

    そうなの?
    そんな風には見えないけど?

  • 質問者アイコン

    言いたいことを言ってくれてない気がするんだよね。
    たまにきついことも言っちゃうしな。

  • 回答者アイコン

    裏アカウントとかに書き込みされてるんじゃないですか?

本人の気づかないところで行われていることが多いため、相手とのコミュニケーションには気をつけたいところですね。

裏アカウントの類義語

裏アカウントは主にSNSの非公開アカウントを指しますが、似たような言い回しのものとしては非公式なホームページサイトを指す「裏サイト」といったものがあります。

裏アカウントまとめ

人に面と向ってものが言いにくいことと、SNSの普及という点が合わさって影で人の愚痴や悪口を言うと言うような状態が広まってしまっています。ただ、影で言っていてもなんの解決にもならないと言うことも理解した上で活用したほうがいいですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事