衰退(すいたい)

衰退とは、衰えて活力や勢いが弱まることです。その文字の通りもあって、衰退と聞くと、あまり良いイメージを持ちにくいのではないでしょうか。今回はその「衰退」という言葉について解説していきます。

[adstext]
[ads]

衰退の意味とは

衰退の意味は、衰えて活力や勢いが弱まることです。衰退と言えば、色々思いつくものがあると思いますが、例えば、人口減少による地方都市の商店街や、過疎地域などに対して使われることも多い言葉となっています。特に、近年では過疎化が急激に進んでいることもあり、ニュースでもそのような過疎地域と関連する衰退という言葉を聞く機会も増えているのではないでしょうか。いずれにしても、衰退はあまり良い意味では使われない言葉となっています。因みに、衰退は英語では、「deterioration」と表記されます。

衰退の由来

衰退は、衰えて退くという文字の通りの意味になります。意味を言うほどでもないですが、衰えるは勢いがなくなること、退くはそこから後ろへ下がるということです。そのため、その2語を組み合わせると、勢いも弱まり後退するという意味になります。

衰退の文章・例文

例文1.急激な過疎化により、地域の活性も衰退していく。
例文2.コロナ渦による自粛で、衰退する飲食店も増えていることだろう。
例文3.ここ数年で商店街はシャッターだらけになってしまい、衰退を感じる。
例文4.コロナの影響で、盤石だった航空業界が衰退している。
例文5.若者の田舎離れで、農業は年々衰退していることだろう。
衰退を使った例文になります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

衰退の会話例

  • 質問者アイコン

    この辺りは飲み屋街で、ちょっと前まではすごく栄えてたよね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。飲食店はコロナで本当に打撃受けちゃったよね。

  • 質問者アイコン

    ところどころ知ってるお店もなくなっちゃって、なんだか町の衰退を感じるよね。

  • 回答者アイコン

    本当ね、あの活気が戻るときは来るのだろうかね。

飲み屋街一体の衰退について話している様子です。このコロナの影響でお店を閉める飲食店も少なくないようです。

衰退の類義語

衰退の類義語には「斜陽」「没落」「落ち目」「シュリンク」などがあげられます。

衰退の対義語

衰退の対義語は、「進歩」「進化」「発展」などがあげられます。

衰退まとめ

衰退とは、衰えによって勢いや活力がなくなることでした。人口減少、過疎、コロナ渦の影響などで、様々な分野においても衰退が進んでしまっているところもあるようです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事