蜜月な関係で濃密な時間を過ごす

蜜月(みつげつ)

蜜月は結婚したばかりで関係が親密であるさまのことです。結婚したばかりの夫婦であれば、親密な関係であることが多いですが、結婚して長い月日が経つにつれて一緒にいる時間が多いため、次第と距離を置くことがあります。そのため、付き合いたてや結婚したばかりは親密であると言われることが多いのです。今回は、そんなさまを表す蜜月という言葉について由来や例文、類義語などを交えつつ、説明をしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

蜜月の意味とは

蜜月の意味は結婚したばかりで関係が親密であるさまのことです。蜜月であることは、関係が良好であるさまを表すことができます。

蜜月の由来

蜜月の由来はハネムーン(honeymoon)にあると言われています。ハネムーン(honeymoon)は「honey」と「moon」という単語に分けて考えることができます。「honey」は蜂蜜のことを表しており、「moon」は月のことを表しています。これらのことから蜜月という言葉として使われるようになったと言われています。

蜜月の文章・例文

例文1.今度の休日は有給を取った長期間の休みなので蜜月旅行に行く予定である。
例文2.蜜月である彼らは新しく引っ越す家を決めている最中である。
例文3.蜜月が過ぎて、熟年夫婦となった今でも仲睦まじい関係である。
例文4.蜜月である彼女らはこれから産まれてくる子供が不自由なく生活できるように準備を進めている。
例文5.あのカップルはとても仲よさげで蜜月の仲であるように感じる。
これらから蜜月は、結婚したばかりで関係が親密であるさまを表す際に用いられることがわかります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

蜜月の会話例

  • 質問者アイコン

    今度、最近結婚した友人が蜜月旅行に行くと言っていたのでとても羨ましいと思っているんですよねー。

  • 回答者アイコン

    それは楽しそうだね。結婚したばかりは親密で仲睦まじい関係であるからね。

  • 質問者アイコン

    そうですよね。確か海外旅行に行くと言っていたので是非いい思い出を作ってきてもらいたいですね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。私は結婚してしばらく立つけど蜜月の仲ではないからそういった期間を楽しんでほしいと思うよ。

これは、友人が蜜月旅行に行くことを話している様子です。

蜜月の類義語

蜜月の類義語には、「親睦」「昵懇」「相思相愛」などがあります。

蜜月まとめ

蜜月とは、単に結婚して間もないことを指すこともあります。結婚してから関係が親密でないということはあまりないと思いますが、そのことも知っておけるといいと思います。また、蜜月の仲や蜜月関係、蜜月状態といった風に親密で関係が良好であるさまを表す際に用いられます。これを機に蜜月という言葉の意味を覚えるだけでなく、場面に合わせて使いこなせるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事