蛙の子は蛙(かえるのこはかえる)

蛙の子は蛙とは、平凡な親からは平凡な子しか生まれないという意味です。確かに、生き方や性格がよく似た親子を見ることも多いと思います。そんな「蛙の子は蛙」について、解説させて頂きます。

[adstext]
[ads]

蛙の子は蛙の意味とは

「蛙の子は蛙」はその文字の通り、蛙の子供は蛙しか生まれない、つまりは平凡な親からは平凡な子供しか生まれない、子供は親に似るというような意味です。この言葉は、あくまでも平凡な親子に使われる言葉なので、上司などの目上の人に対して使うのはよくありません。

蛙の子は蛙の由来

「蛙の子は蛙」の由来は、蛙の成長を辿ってできたと言われています。蛙は最初、姿かたち似通わないオタマジャクシとして生まれますが、成長するにつれて親と同じ蛙の姿になります。つまり、元々は違う姿でも、いずれ親と同じ姿になる、子供は親の辿った道を行くという意味としてできました。

蛙の子は蛙の文章・例文

例文1.所詮蛙の子は蛙だから、親と同じ高校に進学した。
例文2.蛙の子は蛙という言い訳をして努力を怠るのは違うと思う。
例文3.結局親の会社を継ぐことになった、やっぱり蛙の子は蛙だ。
例文4.蛙の子は蛙というが、彼は親の学生時代と違って優等生だ。
例文5.彼女は親とは違う道を歩むと言っているが、今までの経歴を見ても蛙の子は蛙だと思う。
「蛙の子は蛙」の例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

蛙の子は蛙の会話例

  • 質問者アイコン

    色々大学受かったけど、結局親と同じC大学に行くことにしたよ。

  • 回答者アイコン

    そうなんだ。難易度の高いA大学にも受かったのに、C大学にしたんだね。

  • 質問者アイコン

    前は親よりレベルの高いところに行こうと思っていたけど、気が変わったんだよ。

  • 回答者アイコン

    そうなんだ、やっぱり蛙の子は蛙なんだね。

「蛙の子は蛙」の会話例です。平凡という意味だけでなく、親と同じ道を歩むという意味もあります。

蛙の子は蛙の類語

「蛙の子は蛙」の類義語は、「瓜の蔓に茄子はならぬ」、「この親にしてこの子あり」、「狐の子は面白」などです。

蛙の子は蛙まとめ

「蛙の子は蛙」とは、親によく似て、平凡な親の子は平凡という意味でした。この例えは謙遜する意味で使われることが多いですが、親に似る事、親と同じような道を歩むことも決して悪くないですし、それもとても良い選択だと思います。ただ、目上の人に対して使うのは相応しくない表現なので注意が必要です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事