虐待はやめて

虐待(ぎゃくたい)

常に世間を騒がせるニュースのひとつとして「虐待」のニュースを見かけることが多くありませんか?特に乳幼児や幼児、児童を対象とした虐待のニュースは毎日どこかしらで見かけることがありますね。普段何と無く、この虐待という言葉を見聞きしますが、そもそもこの虐待とはなんなのかについて改めて認識しなおしてみるのも良いかと思います。

虐待の意味とは

虐待の定義とは、習慣的に何度も暴力を振るったり、冷たい態度で接することを指しています。つまり、肉体的な暴力も言葉により精神的なダメージを与えることも虐待になります。
虐待による対象が様々で、親が子に対して、子供が年をとった親に対して、買っている動物に対して、上司が部下に対してなど様々です。
虐待の種類自体も、身体的虐待・精神的虐待・性的虐待・経済的虐待・ネグレクトと様々です。

虐待の由来

虐待の中でも特によく耳にするのは「児童虐待」ではないでしょうか。この児童虐待が初めて世間に認知されたのは、1874年に発覚した、「メアリ・エレン・ウィルソン事件」です。この事件をきっかけにして、児童を虐待から救う活動が広まりました。

虐待の文章・例文

例文1.児童虐待は絶対にやってはいけない行為
例文2.子供が親を虐待するなんてありえない
例文3.それは動物虐待だ
例文4.虐待は人も身も心も傷つける
例文5.虐待をされる身にもなってみろ
虐待には〇〇虐待という言葉の使い方もあるので、幅広い使い方ができます。

虐待の会話例

  • 質問者アイコン

    最近よく児童虐待のニュースを見るね。

  • 回答者アイコン

    なんで子供を大切にできない親がこんなにいるんだろう。
    私だったら絶対にやらないのに。

  • 質問者アイコン

    みんな最初はそう思ってるんじゃないかな?育児疲れとかで理性が効かなくなってくるのかも。

  • 回答者アイコン

    でも子供に当たるのは間違ってるよ。

虐待自体は話題に上がりやすいので、このような会話が出ることもあるのではないでしょうか?

虐待の類義語

虐待に類する言葉をあげるのであれば、「暴力」「いじめ」「私刑」「ハラスメント」といった言葉は近いものですね。

虐待まとめ

悲しいことに、虐待によって命を落としてしまう子供も多くいます。これをきっかけにして、虐待への意識を高めてもらえると嬉しいです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事