後世に残すために虎の巻を書き記す

虎の巻(とらのまき)

虎の巻は教科書のことです。昔は争いが多く起きていたことが歴史からもわかります。争いに勝つために軍事科学の研究を進めることや訓練方法について考えることが行われてきたと言われています。そんな研究などについて詳細が記された書物を虎の巻ということがあります。今回は、そんな虎の巻について由来や例文などを合わせて説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

虎の巻の意味とは

虎の巻の意味は教科書のことです。また、兵法の秘伝を記した書物のことも意味する言葉です。ですが今日では教科書の意味として使われることがほとんどです。しかし、どちらの意味も覚えておけるといいと思います。

虎の巻の由来

虎の巻の由来は中国の書物である「六韜」にあると言われています。「六韜」には戦い方に関する方法や説明が書かれていたと言われています。そんなことから転じて教科書や説明書のことを表す言葉として使われるようになったと考えられています。

虎の巻の文章・例文

例文1.かつての先人達が残した虎の巻を利用して、勉強を進める。
例文2.師の残した虎の巻と呼ばれる書物を参考に秘伝のタレを作成する。
例文3.虎の巻を読みながら理論的な考え方を身につける。
例文4.この虎の巻には、その道の奥義が記されているらしい。
例文5.おすすめの虎の巻を参考にすることによって効率よく学習を進めることができる。
これらから虎の巻は、参考書を意味する際に用いられます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

虎の巻の会話例

  • 質問者アイコン

    いつも試験では思うように点数を取れないんだけれど、どうすればいいかな。

  • 回答者アイコン

    そうだね。勉強の仕方について見直す必要があるかもしれないね。

  • 質問者アイコン

    君はいつも試験で高い点数を取っているけど、どのように学習しているんだい。

  • 回答者アイコン

    僕は兄が昔まとめた虎の巻なるものを参考にして学習しているよ。要点が纏まっていてとてもわかりやすいんだ。

これは、試験の勉強方法について話している様子です。

虎の巻の類義語

虎の巻の類義語には、「あんちょこ」「ガイドブック」「枝折り」などがあります。

虎の巻まとめ

今日は、本屋や図書館などが存在し、多くの本が存在します。また、インターネットの普及により多くの有益な情報を簡単に手にすることができるようになっています。また、誰でも簡単に意見や情報を発信することができるので、虎の巻と呼ばれる情報が存在することと思います。そのため、情報が多く、その中から有益な情報を見つけるのが困難な場合もあります。なので普段から必要な情報かどうかを見極められるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事