蕁麻疹の症状

蕁麻疹

身体に起こる病気は色々なものがありますが、特に外見に出るものはイメージ的なものも悪くなるので気をつけたいですね。特に皮膚関係の病気や症状などは外見のイメージにも影響をしてきますし、特に蕁麻疹などは痒みなどを伴うこともあり割合多くの人が悩まされている症状になります。

蕁麻疹の意味とは

蕁麻疹は急性に起こる皮膚病であり、赤みや痒み、ミミズ腫れなどの症状が出るのが特徴です。痒みや熱感は数分などで収まることが多いのですが、周期的に何度も発生するために悩まされている方が多いです。皮膚の下にはマスト細胞というものがあり、こちらからヒスタミンが放出されることにより蕁麻疹が起こります。ウィルスなどが原因の蕁麻疹などもありますが、食事アレルギーから発生する蕁麻疹などもあります。その他の原因としてはアナフィラキシー、各種の薬剤反応性、ラテックスゴム、気候の変化、ストレスなど色々なものがあり対処方法なども違ってくるのも悩ましい点でしょう。
蕁麻疹は通常一度出ると繰り返すことはあまり無いそうですが、中には慢性蕁麻疹になる方もいるので、症状などに悩まされているならばぜひお医者さんに相談をしましょう。病院での治療は抗ヒスタミン剤などの服用がありますが、原因などが多岐に渡るために治療法は個人で違ってくるので気をつけましょう。

蕁麻疹の由来

蕁麻疹にある蕁麻という言葉は植物のイラクサであり、これが皮膚に触れると痒みや痛みを伴う発疹が出ることからこの名前が生まれました。

蕁麻疹の文章・例文

例文1.蕁麻疹が出たのでお医者さんに相談をしました。
例文2.蕁麻疹に有用な抗ヒスタミン剤
例文3.食物アレルギーから蕁麻疹になるケースもあります。
例文4.ラテックスゴムが苦手で蕁麻疹になった経験があるんですよ。
例文5.ステロイド剤を使った蕁麻疹の治療
蕁麻疹は急性的になることが多く、症状などに悩まされている方が多いですね。こういった蕁麻疹の症状は最近ネットでも簡単に調べられるようになりましたが、やはり症状が一致したらお医者さんに掛ると安心です。

蕁麻疹の類義語

蕁麻疹と似ている言葉としては膨疹があります。また症状的なものとしては血管性浮腫がありますが、必ずしも蕁麻疹と一致しないこともあります。また発疹などは粒状の肌のできものとして似てるものとなりますが、症状的には痒みなどがあまり出ない点が違ってきます。

蕁麻疹まとめ

蕁麻疹に関しては比較的誰でも出る可能性があるものであり、短期間ですが強い痒みや熱感などが出ることがあります。かなりの痒みがあるので手などで引っ掻いてしまうことがありますが、症状的には悪化してしまうのでできればお医者さんに相談をするのをおすすめします。抗ヒスタミン剤やステロイド剤など最近は良い薬が増えてきましたので、短期間で症状を押さえれば長引かずに治ることが多いです。原因は様々なものがありますが、子どもなども掛かりやすい症状なので親などがしっかりと健康管理をするのも大事ですね。
「蕁麻疹に関するQ&A・日本皮膚科学会」
蕁麻疹に関して更に知りたい方は、上記の日本皮膚科学会のサイトも確認してみて下さい。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事