著作権とは著作物のひとに与えられる権利

著作権(ちょさくけん)

世の中には、様々な写真・絵画・小説・音楽などがありますよね?
これら全ての作品を「著作物」と言います。では、この全ての著作物は自由に誰もが使用可能でしょうか?
答えは「NO」です。
当然ながら、著作物には作った人が必ずいます。著作権とは、その作った人の権利なのです。
今回は、この「著作権」について説明していきたいと思います

[adstext]
[ads]

著作権の意味とは

著作権とは、著作物の人に与えられる言わば「権利」です。
作者の許可なしにこの権利を使用すると、著作権侵害となるのです。

著作権の由来

著作権の始まりは、著作物は昔からたくさん存在しましたが、それらを保護する必要性が認識されることはなかったらしいです。
しかし、経典や聖書などの宗教的書物が普及していくにつれ、それらを世界中に広めるために大量生産の必要性が出てきて、
その時の時代背景の影響で活版印刷技術が高くなり、この技術は東洋が進んでいて15世紀ドイツで活版印刷機が発明されたといいます。
この影響でコピーが簡単になり価値を保護できていない状況になりました。
そこで著作物を保護する著作権の必要性が生まれ、著作権に関わる制度が誕生しました。

著作権の文章・例文

例文1.著作権侵害だ
例文2.著作権にも種類がたくさんある
例文3.著作権の侵害に当てハマらないものもある
例文4.著作権侵害にならぬ様に気をつけよう
例文5.著作権で気をつけるべき点を知りたい
著作権とは、簡単に言えば「著作物を保護する権利」です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

著作権の会話例

  • 質問者アイコン

    世の中には、たくさんの著作権に触れる作品で溢れているよね

  • 回答者アイコン

    そうだね。人の著作物で悪いことしたら著作権侵害で訴えられちゃうからね

  • 質問者アイコン

    実際に悪さをしている人はたくさんいそうだけどね...。

  • 回答者アイコン

    人の著作物でお金儲けしている人とかも多そうだよね。インターネット上では、誰が本物の著作権を持っているか絶対に知り合いじゃない限り分からないよね

上記の会話の通り、著作権に触れるもので世の中は溢れています。
著作物を保護する権利の著作権は、要件を満たすことにより著作権侵害が成り立ってしまいます。
自分の作品が、著作権侵害にさらされている場合などは、警告のほかに刑事での訴訟も対応策としてあります。
適切な方法を選ぶのが良いと思います。

著作権の類義語

著作権の類義語で挙げられるのは「複製権」「出版権」「版権」などがあります。

著作権まとめ

著作権とは、著書などの 制作物に対して 発生する権利 の事を指します。
日本では、誰かによって作られた制作物には自動的に著作権が発生します。
ブログやwebサイトも制作物のひとつなので、著作権が存在します。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事