華金(はなきん)

華金とは「華の金曜日」の略語であり、土日を前にした金曜日で次の日の仕事を気にすることなく遊ぶ事が出来るという意味で使われています。ビジネスの世界において「華金」と呼ばれる日を迎えることはとても肩の荷が落ち、ワクワクする感覚を覚えるものかもしれませんね。今回はそんな休日前最後の日。仕事終わりの充実感と解放感を堪能する人も言えるこの「華金」という言葉の日について、解説をしたいと思います。

[adstext]
[ads]

華金の意味

華金の意味とは「花の金曜日」という言葉の略称になり、厳密には土日などの休日前の金曜夜を指し示した言葉になります。よりキラキラした心持ちや華々しさを表現するものとして、この「華」という表記で表すこともある言葉です。今は昔の様に金銭的な余裕もない状況・境遇もあり、それほど頻出する言葉とは言えないかもしれません。

華金の由来

花金というこの言葉は1990年、バブルの時代から使われていた言葉になります。現在も休日前の金曜日と言えば1週間お疲れさまというような感覚でホクホクした気持ちになるものですが、景気がよかった当時はそれに加えて多くの人が金銭的に余裕があったことから羽目の外し方も豪勢なものであることが多く、その様子が非常に華々しいものであったことからこの休日前の金曜日は「華」という言葉が冠されることになりました。

華金の文章・例文

例文1.明日は華金だから、クラブでお酒と音楽を楽しもうと思う。
例文2.華金である明日に19時から居酒屋の予約を取ったが、予約はギリギリだった。
例文3.知り合いは華金の日に浮かれ過ぎて大怪我をしたそうだ。
例文4.彼は華金などではなく、曜日に関係なく毎日飲み歩いている。
例文5.完全な個人事業主として在宅で仕事をしている私には華金という概念は存在しない。
華金は基本的に月曜から金曜日に仕事で土日祝が休みの人にのみあてはまります。それ以外の場合においては、言葉だけが先行してピンとこない人もいるでしょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

華金の会話例

  • 質問者アイコン

    明日は華金ですよ!佐藤さん!

  • 回答者アイコン

    随分とワクワクしていますね鈴木さん。何かありましたか?

  • 質問者アイコン

    実は前から行きたかった行列店の予約が取れたんですよ。

  • 回答者アイコン

    へえー美味しかったら今度私も連れていってくださいね!

華金は休みの前日、かつ都内に出ているという状況でもあることから会社終わりから長時間飲んだりイベントに参加したりするのにピッタリの日です。

華金の類義語

華金の類義語として「ブラックフライデー(BlackFriday)」や「TGIF(ThankGod,It'sFriday!)」といった言葉が挙げられます。

華金まとめ

サラリーマンの方であれば誰しもが待ち遠しさを感じるこの華金。どれだけ心が充実するような仕事に携われていたとしても、休みの日ほど人が自由になれる日はないものです。ただ休みの日って予定していたことが全く手に付かないで終わってしまうほど、緩み切ってしまうこともよくあるものですよね。華金が花と当てられるほど華々しく扱われているのはやはり「仕事完了という、その週頑張った充実感と明日から休みであるという、その塩梅に心地よさを覚える」方が非常に多いからなのでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事