花粉光環でヒマワリの見え方が異なる

花粉光環(かふんこうかん)

春になり花粉が多く飛ぶ時期になると、太陽のまわりが何重にも虹色に彩られる綺麗な現象が見たことがある人もいると思います。写真で見ていると美しい現象なのですが、これは花粉が大量に飛んでいる証拠となります。花粉症の方にとっては、まさに「魔のサークル」です。今回はこの「花粉光環」について解説していきます。

[adstext]
[ads]

花粉光環の意味とは

大気中に飛散した大量のスギ花粉によって生じる光環。光の回折現象の一種で、虹のような輪が二重三重に広がって見えることを意味しています。
花粉症の人にとっては、まさしくスギ花粉は天敵とも言えるもので、花粉症でない人にとってはピンと来ない人がいると思いますが、花粉症の人が周りいた際にはそういった症状もあると覚えておくだけでも、助けになる事が出来るかもしれませんね。

花粉光環の由来

花粉光環の由来ですが、これには「回折」という現象が関わっています。
「回折」現象とは、太陽の光が花粉の粒などにぶつかると、それぞれの波長に応じて、光が花粉の後ろにまわりこむように曲がる現象のことです。曲がった光は輪を描くように集まり、赤系の光は大きく、青系の光ほど緩やかに曲がるため、赤系を外にして青系を内にした虹色の環ができるのです。

花粉光環の文章・例文

例文1.花粉光環を見る際は、太陽を直視しないように注意する必要がある。
例文2.花粉光環は、花粉症の人にとっては「魔のサークル」だ。
例文3.今日の夕方、花粉光環が見られた事がニュースになった。
例文4.専門家が花粉光環について解説を行った。
例文5.花粉光環は、見た目は虹のようでとてもきれいだ。
3月から4月頃になると、「花粉光環」のニュースを目にすることが増えてきます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

花粉光環の会話例

  • 質問者アイコン

    ねえ、みてみて!太陽のまわりに虹みたいなものができてる!

  • 回答者アイコン

    ああ、あれは花粉光環っていうんだよ。花粉がたくさん飛んでいるときに見られるんだ。

  • 質問者アイコン

    え、そうなの!どおりで鼻がムズムズすると思った。

  • 回答者アイコン

    花粉症の人にとっては「魔のサークル」とも呼ばれているね。

花粉光環を見るときは、太陽を直接見ないように気を付けないと、目を傷めてしまう可能性もあるので、気をつけましょう。

花粉光環の類義語

「花粉光環」の類義語には「光環」があります。「魔のサークル」も関連語としてあげられるでしょう。

花粉光環まとめ

花粉症の人にとっては「魔のサークル」ともいえる花粉光環。実際に見れたらキレイなものですが、花粉が大量に飛散しているサインなので、花粉予想をチェックして対策を行うようにしてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事