友人との約束を忘れてしまっていて、良心の呵責を感じる。

良心の呵責(りょうしんのかしゃく)

良心の呵責は道徳的に悪とされる行為を行い、心を痛めるさまのことです。良心というものがある人であれば、何か悪いことをしてしまったり、他人を傷つけてしまったりすることを悪く感じるものです。そのことから自分のことを責めてしまい、罪悪感を感じる人もいます。そんな様子を表す言葉として良心の呵責というものがあります。今回は、そんな良心の呵責という言葉について見ていきたい思います。

[adstext]
[ads]

良心の呵責の意味とは

良心の呵責の意味は道徳的に悪とされる行為を行い、心を痛めるさまのことです。良心が痛むというように自分の罪悪感に苛まれているさまを表すことができる言葉です。

良心の呵責の由来

良心の呵責の「良心」は道徳的な善悪を区別して正しい行動をしようとするさまを表しており、「呵責」は然りせめることを表しています。これらの言葉を組み合わせて良心の呵責という言葉が成り立っています。

良心の呵責の文章・例文

例文1.これまでよくしてくれていた人を裏切るような行為をして、良心の呵責を感じる。
例文2.頼まれていた約束をやぶってしまい良心の呵責に苛まれる。
例文3.良心の呵責を感じないように実現不可能なお願いは受けないようにしている。
例文4.部活の練習中に打ったボールが校舎の窓ガラスにあたってしまい、良心の呵責を感じる。
例文5.つい頭に血が登って思ってもいないことを口走ってしまい、良心の呵責に苛まれる。
これらから良心の呵責は悪いことをして心を痛めるさまを表す際に用いられます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

良心の呵責の会話例

  • 質問者アイコン

    この前、食べ歩きをしていたら向かいから歩いてきた人にぶつかってしまってね。しかも食べていたアイスが相手の服についてしまったんだ。

  • 回答者アイコン

    それは良くないね。その後謝ったのかい。

  • 質問者アイコン

    うん。でも相手は急いでいて走っていたからそれどころじゃなくてね。そのままその場を去っていってしまったよ。

  • 回答者アイコン

    それは良心の呵責に苛まれたことだね。もし、今度合うことがあればしっかりと謝罪できるといいね。

これは、ぶつかってしまったことについて話している様子です。

良心の呵責の類義語

良心の呵責の類義語には、「悔悟」「罪悪感」「疚しい」などがあります。

良心の呵責まとめ

良心の呵責という言葉があるように悪いことをしてしまい、心を痛めるということがあります。道徳的に悪とされる行為はされた側は嫌な思いをしたり、不利益を被ったりすることがあります。良心の呵責に苛まれるような行為は相手にとっても自分にとっても良いと言えるものではないです。なので良心の呵責を感じないようにするためにも行動するときには、気を遣うことができるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事