興行収入はいくら

興行収入(こうぎょうしゅうにゅう)

皆さんは「興行収入」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。テレビで映画の話題が上がると耳にする機会が多いのでは多いのではないでしょうか。特に大ヒットの映画の話題が上がると耳にしたり目にしたりすることが多い言葉ですね。しかし、意外と言葉自体の意味をよく知らない人もいるのではないですか?そこでこの「興行収入」という言葉について解説をしていきたいと思います。

興行収入の意味とは

興行収入とは、簡単に言えば映画館の入場料金の収入のことです。略して「興収」と呼ぶこともあります。この言葉は映画の興行成績を表すものとして用いられています。

興行収入の由来

日本では、もともと興行成績を表すものとして「配給収入」が使われていました。しかし、配給収入での公表の仕方は日本映画回の閉鎖性と不透明さの象徴であったことや、世界では興行収入で公表しているなどの理由で、2000年からは興行収入で公表されるようになりました。

興行収入の文章・例文

例文1.あの話題の映画が、また興行収入の歴史を塗り替えたらしい
例文2.興行収入1位と言われている、あの映画を観てみたい
例文3.あの人気作が4週連続で興行収入トップらしい
例文4.興行収入1位ということは、それだけたくさんの人が映画館に足を運んでいるということだね
例文5.興行収入が高い映画は、何回も映画館で観るリピーターが多いらしい
メディアでも取り上げられることが多い言葉なので、使いやすい言葉だと思います。次にこの言葉を会話例としてもみてみましょう。

興行収入を使った会話例

  • 質問者アイコン

    僕の好きな映画が、今週の映画ランキングで興行収入1位だったんだよね!

  • 回答者アイコン

    私なんてもう2回もみましたよ!
    興行収入1位なのもわかりますね!

  • 質問者アイコン

    すごいね!僕はまだ観に行けてないんだよ。。

  • 回答者アイコン

    絶対観た方がいいですよ!納得の面白さなので!

会話としてであれば、感想や人に勧める際、共通の話題として用いられることが多いのではないでしょうか。

興行収入の類義語

興行収入という言葉は、上述したように映画館の入場売上を示しているので、類語というのはほとんどありません。あえてあげるのであれば、もともと日本で使われていた「配給収入」や「売上」という言葉が近いのではないでしょうか。

興行収入まとめ

よく耳にする言葉であると同時に、会話のネタとしても映画のネタというのは上がりやすい言葉なので、興行収入という言葉の意味をおさらいして、普段の会話に活かしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事