自由億になった

自由億(じゆうおく)

働き方や稼ぎ方の自由度が高くなっている現代において、年収が億を超える人も出てくるようになりました。ただし、これは普通に企業勤めで得られるような金額ではありません。投資や資産形成をおこなている人であればこのような金額を手にすることもできるでしょう。そうしたことに関連する言葉として「自由億」という言葉があります。この言葉に関して解説をしていきたいと思います。

自由億の意味

自由億というのは、株式投資や仮想通貨によって10億円以上稼いだ人のことを指します。元々は株式投資で10億円以上稼いでいる人に対して使われていたネットスラングで下が、2017年以降は仮想通貨バブルが起こったことにより、仮想通貨で10億円以上稼ぐ人に対してもこの言葉が使われるようになりました。
こうした投資によって自由億を手に入れた人の中には、投資未経験者を育てて「億り人」や「自由億」に成長させることをビジネスにしている人もいるようです。

自由億の由来

自由億という言葉は「自由」と「10億」を掛け合わせてできている言葉になります。有名なトレーダーが発信した言葉だそうですが、10億円もあれば自由にいきていくことができるというところから、この言葉がきているようです。

自由億の文章・例文

例文1.投資家になって自由億を目指そうと思っている
例文2.10億円稼いで、自由億と呼ばれるような存在になりたい
例文3.自由億になって、好きなことをたくさんしたい
例文4.自由億と呼ばれるような人に憧れている
例文5.自由億と呼ばれる人は存在感が圧倒的に違う
お金を稼ぐというのは簡単なことではないですし、ましてやそれが億を超えるとなると様々な努力や勉強が必要になってくるので、そこで身につけた経験値は計り知れないものでしょう。

自由億の会話例

  • 質問者アイコン

    ついに株式投資で10億円を達成したぜ!!

  • 回答者アイコン

    ついに自由億の仲間入りだね!
    おめでとう!

  • 質問者アイコン

    ありがとう。ここまで来るのには本当に長かったなぁ。

  • 回答者アイコン

    これからは好きなことを好きなだけできるね。

達成したその先のことを考えれば、チャレンジする価値は十分にありますね。

自由億の類義語

ちなみに、投資で1億円以上稼ぐ人のことを「億り人」と呼び、1日で1000万円以上稼ぐ人のことをある投資家の名前にちなんで「武者る」という風に呼びます。

自由億まとめ

自由億という言葉に関して解説をしてきました。金額が金額なだけに想像もつきませんが、10億円持っている自分を想像すれば、したいことができてお金には困らないので、夢と可能性に溢れています。ただし、無茶な投資は失敗した時の反動も大きいので、可能な範囲でチャレンジするのがオススメです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事