自己研磨する人

自己研磨(じこけんま)

これまでの人生を振り返ると、学生時代に一番努力していたという人は多いのではないでしょうか。社会人になって勉学やスポーツなどに情熱を注ぐことは少なくなっていませんか?今回は、学生生活を最後に「自己研磨」をやめてしまいがちな日本人へ向けて、「自己研磨」という言葉の解説をしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

自己研磨の意味

自己研磨」とは、「自らの能力に磨きをかけること」を意味します。この言葉は、学問だけでなく、何かしら努力をしているもの全般に使うことのできる言葉です。

自己研磨の由来

「自己」は自分自身を意味し、「研磨」は、より高度なものになるように磨きをかけることを意味します。この二つの言葉を組み合わせてできたのが、「自己研磨」という言葉です。

自己研磨の文章・例文

例文1.彼は自己研磨を怠らない。
例文2.何でも質なくこなす彼女は、自己研磨など不要だと考えている。
例文3.彼の地道な自己研磨によって、大学卒業間近に大きな賞を獲得した。
例文4.彼女は自己研磨を怠った結果、二年前から同じ場所で停滞していることに気がついた。
例文5.祖父のいつまでも自己研磨を続ける姿勢には頭が上がらない。
短期間で大きな変化は起こりませんが、地道に自己研磨を「続ける」ことが大切です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

自己研磨の会話例

  • 質問者アイコン

    最近久しぶりに情熱をもって取り組めるものに出会えたんだよね。

  • 回答者アイコン

    そうなんだ!とてもいいね!

  • 質問者アイコン

    先月からプログラミングの勉強を始めて、ちょっとだけ出来るようになったんだよね。三日坊主の僕が珍しく努力して自己研磨を続けていくことができそうなんだ!

  • 回答者アイコン

    とてもいいね!私も何か自己研磨できるものさがしたいな。

自己研磨はあくまでも自己のためなので、誰かに強要するものでもひけらかすようなものでもありませんが人に話すことによって努力を継続することができることもあります。

自己研磨の類義語

自己研磨」の類義語には、「自分磨き」「ブラッシュアップ」「砥礪切磋」などが挙げられます。

自己研磨まとめ

今回は、「自らの能力をより高めようと努力すること」を意味する「自己研磨」という言葉について解説しました。自己研磨した結果、誰かの力になれたり、周囲に良い影響を与えられるようになるのは素晴らしいことです。しかし、たまに見かける「自分磨きアピール」をする人はほとんどの場合、努力をした先に何かがあるわけではなく、短期間でも「努力をしている自分が好き」なのです。皆さんは何事もコツコツ続けることが鍵だと覚えておいてくださいね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事