自作自演の演奏家

自作自演(じさくじえん)

自作自演というと音楽や舞台、ドラマなどを思い浮かべる人が多いでしょう。どうしてそういったイメージがあるのでしょう、そこを知らない人は多いのではないでしょうか。それでは「自作自演」の意味を見ていきましょう。

[adstext]
[ads]

自作自演の意味とは

自作自演とは、自分で作った台本を自分で演じたり、自分で作曲したものを自分で演奏したりと、自分で計画して自分で実行することを言います。クラシック音楽において、18世紀までは楽器演奏者は自分で作曲する事が当たり前のことでした。19世紀になると昔の曲や他人の作品を演奏する専門の演奏者も出てきています。皆さんが知っているベートーヴェンや、バッハ、ショパン、モーツァルトなどなどみなもちろん自作自演しています。ちなみにモーツァルトほどの大作曲家となると、作曲した曲を全て演奏したとすると楽譜が存在しているものだけでもCD180枚ほどの長さになります。どれも人間が綺麗だと思う音程を探求したもので、そんな作品を生涯を作り続けています。自作自演というとどうしても音楽に関することを彷彿させるのはそうしたこともあるのでしょう。

自作自演の由来

自作自演の由来はギリシャ時代に、楽器伴奏とともに詩等を朗誦しながら各地を旅した者達が始まりとされています。
ただ現代では自作自演はネガティブな捉え方、ネット上などでは1人が複数人の人を演じる事を指す「自演乙」の様なスラング的な意味合いもあり、本質的な意味からは少し遠い使われ方になっています。

自作自演の文章・例文

例文1.自作自演で自分が作った映画に出る。
例文2.何事にも自作自演できる人は少ない。
例文3.自作自演で有名になれる人は一握りの人だけだ。
例文4.18世紀には自作自演する作曲家が普通であった。
例文5.曲を自作自演してスターになる。
北野映画はまさしく自作自演であり、さらには恒久の名作となっています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

自作自演の会話例

  • 質問者アイコン

    僕もモーツァルトやベートーヴェンみたいに自作自演できる演奏家になりたいよ。

  • 回答者アイコン

    それができたら本当にすごいね。

  • 質問者アイコン

    これからバリバリ作曲していくぞー!

  • 回答者アイコン

    有名な作曲家になってね!

モーツァルトやベートーヴェンを目指すとなるとこれからは音楽漬けの毎日となることでしょう。

自作自演の類義語

自作自演の類義語には、「嘘松」「一人芝居」「独奏会」などがあり、自作自演から派生したスラングとして「自演乙」などもあります。

自作自演まとめ

音楽の世界と非常に密接な言葉の印象を受けますね。独演会の話し手や、アーティストなど、クリエイティブな仕事をしている人はとてもかっこよく見えますよね。これからもいろいろな作品が生まれていくことで、私たちの生活が便利になったり、楽しめるものがふえたりしていったらとても嬉しいですよね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事