能ある鷹は爪を隠して獲物を捕る

能ある鷹は爪を隠す(のうあるたかはつめをかくす)

周りに才能や能力があるけど、あまり大々的にしていないような人がいませんか?そういった人たちを指す、「能ある鷹は爪を隠す」という言葉に関して、解説をしていきます。

能ある鷹は爪を隠すの意味とは

才能や実力があるにも関わらず、普段はそれを意図的に隠していて、いざという時にその力を発揮する人のことを指す慣用句です。

能ある鷹は爪を隠すの由来

言葉の語源は、北条氏直時分諺留(ほうじょううじなおじぶんことわざとめ)記載がされており、北条氏直の時代に生まれた言葉だと言われています。鷹は獲物を狩る直前まで爪を隠していることから生まれた言葉です。

能ある鷹は爪を隠すの文章・例文

例文1.彼のように実力を普段人に見せない人のことを、能ある鷹は爪を隠すと呼ぶんだろう
例文2.能ある鷹は爪を隠すの言葉が示すように、実は彼は英語がペラペラだ
例文3.能ある鷹は爪を隠すというのは、実力や才能があって初めて言えることだ
例文4.私はあまり自慢するのが好きではない。能ある鷹は爪を隠すと言うように、いざという時にしか見せる気はない
例文5.能ある鷹は爪を隠すと言うように、いざという時にその力を使えばいい
使用する際には、うまく例文を参考にしてみてください。

能ある鷹は爪を隠すの会話例

  • 質問者アイコン

    彼は実は、英語だけじゃなく、他にも3ヶ国語を喋ることができるらしいよ。

  • 回答者アイコン

    ほんとですか!?
    そんなに話せるなんて知らなかったです。

  • 質問者アイコン

    普段は英語くらいしか使う場面がないし、彼も自分でそれだけしゃべれると言っていないからね。

  • 回答者アイコン

    能ある鷹は爪を隠すって、彼みたいな人のことを言うんですね!

会話としては例のように使用すると自然です。意外とこの言葉を表す人は身の回りにいるのではないでしょうか。

能ある鷹は爪を隠すの類義語

同じ意味を表す言葉はいくつかありますが、正直、聞き慣れない言葉が多いかと思います。例えば、「深い川は静かに流れる」「大賢は愚なるが如し」「大知は知ならず」といった言葉があります。

能ある鷹は爪を隠すまとめ

言葉としては有名な言葉になりますし、意味を理解している方も多いと思いますので、ここでは改めて知ってもらう意味で活用してください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事