羞恥心がこみ上げる

羞恥心(しゅうちしん)

羞恥心とは、恥ずかしく感じる気持ちのことです。特に対人関係における自分の過ちや思い違いなどから生じる恥ずかしいという感情を指すことが多いです。羞恥心によって人間は社会生活の中で我慢や社会性を学んでいく事が言えるでしょう。

[adstext]
[ads]

羞恥心の意味とは

羞恥心は、恥じらいを感じてどうしようもない気持ちのことです。簡単にいうと恥ずかしい気持ちのことです。

羞恥心の由来

羞恥心の「羞」には恥じらうという意味があります。また、「恥」は恥ずかしいことを表す言葉です。これらに「心」という言葉が組み合わさって羞恥心という言葉が成り立っています。

羞恥心の文章・例文

例文1.自分の発言が失言であることに後から気づき、どうしようもない羞恥心に襲われる。
例文2.いくら自分が幼かったとはいえ、これまでの過ちに羞恥心を隠しきれない。
例文3.人に見せて恥ずかしいという感情を持ち合わせていない彼は羞恥心というものがないのだろうか。
例文4.自分がひどく信じていた人の発言が虚言であることを知り、そのことを多くの人に真実として伝えていたことに羞恥心を感じる。
例文5.羞恥心などは捨てて、人の目を気にせず自分の正しいと思ったことを行動に移すことは時に大切であるだろう。
これらから羞恥心という言葉は恥じらいどうしようもない気持ちを表すのにとても適してします。また、アイドルグループのグループ名となっているため耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。是非使い方をを覚えておきましょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

羞恥心の会話例

  • 質問者アイコン

    彼は、いつも嘘しかつかないのによく平気な顔をしていられるなと思うよ。

  • 回答者アイコン

    僕も一度彼の言ったことを信じて恥をかいたことがあるよ。

  • 質問者アイコン

    羞恥心というものがあれば、彼だってあそこまで虚言を吐くこともないだろうに。

  • 回答者アイコン

    ほんとだよね。

羞恥心という言葉は、人に対して恥じらいを感じるときに使う言葉なので対人関係で使われることがほとんどです。これを機に羞恥心の使え方を知っておくとよいでしょう。

羞恥心の類義語

羞恥心の類義語には、「恥の念」「廉恥心」「体裁が悪い」「礼儀知らず」「面目を失う」などがあります。

羞恥心まとめ

日常会話でも廉恥心という言葉使うことがあるかもしれません。皆さんも一度は恥じらいを感じたことはあるのではないのでしょうか。そんな時には特に廉恥心という言葉は大変使い勝手が良いと思うので是非知っておいてください。類義語も合わせて覚えておけるといいでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事