縁故採用での入社

縁故採用(えんこさいよう)

企業に入るにあたって、採用のルートというのは様々です。職種や業種によっても採用に関する様相というのは変わってきます。その中でも「縁故採用」という採用のあり方に関して解説をしたいと思います。

縁故採用の意味

縁故採用というのは、従業員を雇用する際に雇用元となる企業と雇用者が何かしらの関係がある採用のことを指しています。
縁故採用のメリットというのは、雇用者の早期退職や何かしらの問題を起こしてクビになるというようなデメリットを極力抑えられる点にあります。これがなぜかというと、採用されるにあたって企業側に誰かしらの知人が存在している状態であり、その人の口利きで入社につながっているため、口利きをしてくれた人への配慮から辞めづらいという心理状態が生まれるからです。
その反面で、縁故入社は入社先の企業の従業員からよく思われない可能性があります。これは、その企業への入社難易度が高くなればなるほどその傾向は生まれやすいでしょう。従って、全時代的なものとして廃止されてきている傾向にあります。

縁故採用の由来

縁故というのは、一般的には血縁関係によるつながりを表す言葉として知られていますが、そのほかにも人と人とのつながりという意味を持っているため、縁故採用は身内の紹介には限らないようです。

縁故採用の文章・例文

例文1.縁故採用で大企業に就職することができた
例文2.彼は縁故採用で入社したらしい
例文3.縁故採用はずるいと思うから反対だ
例文4.縁故採用での入社は退職率が低いという実績がある
例文5.私の息子が縁故採用で来月から入社してくる
縁故採用に対しての善し悪しは賛否両論です。会社としてメリットがある方向に数字が出ているのであれば良いですが、従業員個人としては面白く思っていない人もいるでしょう。

縁故採用の会話例

  • 質問者アイコン

    確か君は常務の縁故採用で入社していたよね?

  • 回答者アイコン

    そうですよ。
    それがどうかしましたか?

  • 質問者アイコン

    いや、縁故採用っていうのは周りからどう思われるんだろうと思って。

  • 回答者アイコン

    うちの会社はむしろ縁故採用を推進しているので、それに関して何か言われたとはないですね。

縁故採用は積極的に行っている企業もあります。

縁故採用の類義語

かつて縁故採用や「コネ入社」と呼ばれていたものが、現代では「リファラル採用」として積極的に取り入れられています。ここには採用にかかるコストを削減するためという意図があります。

縁故採用まとめ

縁故採用に関してここまでまとめてみました。上述したように、現代では採用コスト削減の観点からむしろこの採用手法を積極的に取り入れている企業も少なくはありません。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事