絶対音感の人の感覚

絶対音感(ぜったいおんかん)

「絶対音感」を持っている人を羨ましいと思ったことはありませんか?実際のところ、「絶対音感」とはどういった能力なのでしょうか?今回は「絶対音感」について詳しくご紹介します。

[adstext]
[ads]

絶対音感の意味とは

「絶対音感」とは、音を聞いただけで瞬時にその音の音階や音名が分かる能力を意味する言葉です。

絶対音感の由来

「絶対音感」は、音の高さの違いを絶対的に判断できることからその名前がついたと考えられ、絶対的音感や絶対音高感などと呼ばれたりもします。
また、絶対音感を持っている人の中でも機会のように精度が高い人もいれば、精度が低い人もいて、個人差があるようです。

絶対音感の文章・例文

例文1.絶対音感を持つ人によっては日常の些細な音でも音名に変換できる。
例文2.絶対音感と相対音感は全くの別物だ。
例文3.絶対音感テストを受ける。
例文4.絶対音感は子供の頃の環境や訓練によって身につくと言われている。
例文5.絶対音感だけで楽譜をつくる。
あくまで「あれば便利な能力」というものであって、特出したり超越したものではありません。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

絶対音感の会話例

  • 質問者アイコン

    ここのコーラスが上手くいかないんだよね。どうしたらいいんだろう。

  • 回答者アイコン

    そこの主旋律はファ・ラ・ドだから、ミ・ソ・シだと不協和音みたいになっちゃうよ。

  • 質問者アイコン

    え?!楽譜見てないのによく音がわかるね。

  • 回答者アイコン

    小さいころからピアノを習ってるし、絶対音感ってやつかな。

幼少期からピアノなどの楽器の経験がある人は絶対音感を持っている人が多いようです。

絶対音感の類義語

「絶対音感」と関連する言葉には「相対音感」「耳コピ」「調律」などの言葉があります。

絶対音感まとめ

今回は「絶対音感」についてご紹介しました。
絶対音感を持っている人の大半は、何かしらの楽器をやっている人ややったことがある人が多いと言われています。
こうした人たちは、一般の人に比べて音を外さず演奏や歌うことが得意だったり、「耳コピ」演奏が簡単にできるなどの特徴があります。
ただし、絶対音感がない人でもこのようなことは不可能ではないため、絶対音感は特別なものではなく、あくまで能力のうちの1つということを覚えておいてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事