結婚詐欺にあった

結婚詐欺

やってはいけない行為、やられると傷つく人がいる行為は無数にあります。「自分がされて嫌なことは人にしない」という言葉は幼少時期に親や小学校時代の先生に言われたことが誰しもあるはずです。しかし、大人になって人を傷つけることで金品を手に入れようとする人間がごまんといます。そんな中で卑劣な犯罪行為である詐欺の一つとして「結婚詐欺」という手法があります。この言葉について解説していきたいと思います。

結婚詐欺の意味

結婚詐欺というのは詐欺行為の一種で、結婚の気がないにも関わらずそれを思わせる行動や言動で相手をその気にさせ、それに乗じて金品を巻き上げるという行為のことです。
具体的には、「結婚前に返済しなければならない借金がある」「店をオープンさせるからそのためにまとまった開業資金が必要になった」というような手口があります。このような手口で金品を巻き上げて、後日連絡がつかなくなるというのが一般的です。
国内ではあまり聞かない事例ではありますが、海外には国際結婚詐欺を仲介するブローカーも存在しているようです。
日本におけるこのような結婚詐欺師は婚活サイトや婚活パーティーといった席を利用しているケースが多いそうです。

結婚詐欺の由来

結婚という手段を用いた詐欺行為であることから、安直に結婚詐欺と呼ばれています。

結婚詐欺の文章・例文

例文1.今朝のニュースで5千万円を結婚詐欺した男が捕まったらしい
例文2.海外の結婚詐欺の仲介集団が摘発されたらしい
例文3.友人が結婚詐欺にあって200万円騙し取られたようだ
例文4.結婚詐欺師は許せない
例文5.大金が必要になったと言ってくるのは結婚詐欺師の手段だ
実際に過去の被害例でも、かなりの高額被害にあっている例もあるようです。

結婚詐欺の会話例

  • 質問者アイコン

    そういえば、君の友達が結婚が決まったって言ってたけど、式はいつ頃になりそうなの?

  • 回答者アイコン

    そのことなんだけど、
    相手が結婚前に500万円必要らしくて、そのことで悩んでるみたい。

  • 質問者アイコン

    500万円!?考えたくないけど、それって結婚詐欺なんじゃないの?

  • 回答者アイコン

    そのことで今いろんな人に相談しているらしいよ。

結婚まで考えている以上、後に引けなくなってしまうかもしれませんが、直前でお金の要求をしてくるというのは不自然な話です。

結婚詐欺の類義語

結婚詐欺のような異性をターゲットとした詐欺は別名「アカサギ」とも呼ばれています。そのほかにも、異性に限らず金銭をだまし取るのは「シロサギ」という呼び方があります。

結婚詐欺まとめ

結婚詐欺に限らず詐欺行為は明確な犯罪行為であり、許されない行為です。こうした犯罪に引っかからないように、大金の要求があったら官公庁の名前が上がっても怪しむように注意が必要です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事