納采の儀(のうさいのぎ)

納采の儀とは、皇族が結婚をする際にあたって行う儀式のことです。最近、眞子さまの結婚について世間では、話されることがあります。そんなときに納采の儀という言葉を耳にしたという人もいるのではないでしょうか。今回は、そんな納采の儀について意味、由来、使い方、類義語などを見ていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

納采の儀の意味とは

納采の儀の意味は、皇族が結婚をする際にあたって行う儀式のことです。納采とは、結婚をする前に男性の親が女性の親に贈り物をして挨拶することです。今日の日本であれば、皇族の結婚のときに行われる儀式を指すことが多いです。

納采の儀の由来

納采の儀の由来は、仁徳天皇の皇太子が妃をむかえる際に行った儀式にあると言われています。

納采の儀の文章・例文

例文1.結婚する前には、女子皇族と相手の使者が供物をもって、訪問して納采の儀を行うのが習わしである。
例文2.納采の儀を行わずに結婚をするというのは、前代未聞である。
例文3.結婚する前に、納采の儀を行うことによってこれからの人生を共にする誓いをより強固なものにする。
例文4.天皇と皇后が使者を供物をもたせて結婚相手の家へ派遣するのが、納采の儀の習わしである。
例文5.納采の儀を行うのは、昔の慣習が今も根付いているからである。
これらから納采の儀という言葉は、皇族の結婚の際に使われる言葉です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

納采の儀の会話例

  • 質問者アイコン

    最近、眞子さまの結婚についてニュースになっていたね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。もしかしたら納采の儀も経ずに結婚するかもしれないということだったね。

  • 質問者アイコン

    特殊な制度がなくなり、皇族が国民に近づき、価値観も考え方も近くなってくれば起こりうることであるからね。

  • 回答者アイコン

    うん。今後この件については国民と皇室が向き合っていかなければならないことだと思うよ。

これは、眞子さまの結婚について話している様子です。

納采の儀の類義語

納采の儀の類義語には、「華燭」「ブライダル」「ハイラート」などがあります。

納采の儀まとめ

今日時代の変化に合わせて、考え方も少しずつ変わってきています。だからこそ、昔の制度など慣習、考え方などと衝突してしまうことがあります。物事は一面性だけでは測ることができないので、答えを出すのは難しいと思います。何事においても考えた上で答えを出せるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事