精密に作られた機械の内部構造

精密(せいみつ)

あなたの仕事は十年後にもまだ残っているでしょうか。近年、テクノロジーは日を追うごとに進化しています。計算や、情報を引っ張り出してくる能力は私たちが何人束になっても機械には敵いません。「精密」に作られた機械やシステムの動きには寸分の狂いもありません。機械よりも精密さに欠ける私たちはどのように生きていくべきなのでしょうか。そこでまず、「精密」とは何なのかを皆さんに理解していただきたいと思います。

[adstext]
[ads]

精密の意味とは

「精密」は、細部まで注意が行き届いていることや、非常に巧みに作られていることを言います。「綿密」や「厳密」など、類義語がいくつかありますが、機械などにはほとんど「精密」しか使われません。

精密の由来

「精密」の「精」は、念入りに手を加えることや、まじりけなく純粋な様を表します。そして「密」は、隙間なく細やかな様子を表します。この二つの言葉によって、「精密」という言葉がつくられます。

精密の文章・例文

例文1.手作業では精密な機械に敵わない
例文2.精密につくられた端末は不具合が一切起こらない。
例文3.彼の精密な脳にはどれだけの知識が詰まっているのだろうか。
例文4.精密さに欠けるシステムは度々トラブルを起こす。
例文5.彼は精密検査を受けたが異常は見つからなかった。
中国では運送業すらもほとんどが機械に取って代わられている地域もあるようです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

精密の会話例

  • 質問者アイコン

    新しいiPhoneの調子はどう?

  • 回答者アイコン

    今のところ調子いいよ。何より動きがスムーズでストレスがゼロだよ。

  • 質問者アイコン

    さすがiPhoneだね、よっぽど精密に作られているんだろうね。

  • 回答者アイコン

    そうね、少し前まで使っていたガラケーがオモチャにしか見えないよ。

iPhoneは度々最新機種がリリースされますが、よくあんなに短い期間で前回よりもレベルアップした物を用意できますよね。

精密の類義語

「精密」の類義語には、「綿密」「厳密」「緻密」などが挙げられます。

精密まとめ

今回は、「細部まで注意が行き届き精巧に作られていること」を表す、「精密」という言葉について解説しました。近い将来、独自の個性を持たない人間たちの仕事は、ロボット達によって次々に奪われてしまいます。そうなると、もはや今までのような平均的な人間を生み出し続けてきた学校というのは、何の意味も持たなくなってしまいます。未来を見据えて、教育制度もアップデートしていく必要がありますね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事