精子取引(せいしとりひき)

精子取引とは、不妊で悩んでいる夫婦や同性同士のカップルが人工受精に使用するために、第三者から精子を譲り受けることです。最近SNSやその他の多くのメディアを賑わしている「精子取引」という言葉についてどれだけご存知でしょうか。今後結婚や出産を考えているカップルにとって他人事ではありませんので、是非意味や由来までしっかり学んでおきましょう。

[adstext]
[ads]

精子取引の意味とは

精子取引とは、不妊で悩んでいる夫婦や同性同士のカップルが、人工受精に使用するために第三者から精子を譲り受けることです。ここ最近SNS上での精子取引が多発しており問題となっています。人工授精を用いての不妊治療は本来、日本産科婦人科学会の指針に沿って特定の医療機関でのみで行われていました。しかし、コロナ禍で治療が延期となり、年齢的にも待ちきれないというカップルがSNSで精子提供者を募るようになりました。本来の人工授精は注射器を用いるのものですが、実際に性交渉をして精子を譲り受けるという事案も発生しており、感染症の予防の面でも法整備が必要だと大きな議題となっています。

精子取引の由来

本来特定の機関で受けるはずの不妊治療(人工授精)ですが、コロナ禍で治療が受けられなくなった人たちがSNSで「#精子提供」「#精子ドナー」などのハッシュタグで募集をかけたのが、精子を取引するということでこの言葉が生まれる原因となりました。

精子取引の文章・例文

例文1.精子取引を規制する法律は存在しない。
例文2.彼らは精子取引で新たな生命を授かった。
例文3.精子提供は相手に感染症があった場合とても危険な行為だ。
例文4.SNSで精子取引の依頼がきた。
例文5.精子取引はコロナ禍不妊治療が延期になったカップルたちの最後の砦だ。
新型コロナウイルスの影響はこのようなところにまで広がっているんですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

精子取引の会話例

  • 質問者アイコン

    昨日Twitterで精子取引の投稿を見たよ。

  • 回答者アイコン

    なにそれ!始めて聞いたよ。

  • 質問者アイコン

    不妊に悩むカップルたちが知らない人から精子を提供してもらうんだってさ。

  • 回答者アイコン

    そんなのあるんだ。早く必要な人がみんなちゃんとした医療機関で治療を受けられるようになればいいね。

Twitterで見かけた精子取引について話す男女の会話です。

精子取引の類義語

精子取引の類義語には「精子バンク」「不妊治療」「人工授精」などがあります。

精子取引まとめ

精子取引とは、不妊に悩む夫婦や同性カップルが第三者から精子の提供を受けることです。妊娠出産は女性の体に大きな負担を与えるので、年齢的にも正式な不倫治療を待つことが出来ないという人も多くいます。そんな中コロナ禍で更に治療の延期となると、このようなことが起こっても全くおかしくはありません。正式な治療とは違い、精子取引は感染症やその他のリスクが非常に大きいものです。一刻も早く必要な方々が不妊治療を受けられる世の中になることを願います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事