精が出るを力瘤で表している

精が出る(せいがでる)

皆さんは何か物事に足して全力で取り組んだ経験はありますか。一生懸命努力した結果がどうであれ、そのことが自信に繋がったり、その経験が活きて他のことを上手くこなせることもあるでしょう。このように人間は経験することによって学習して最適化していくことができるでしょう。そのために物事に励むことを表す言葉として精が出るというものがあります。今回は、精が出るについてどんな言葉なのか明らかにしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

精が出るの意味とは

精が出るは、一生懸命物事に励むという意味の言葉です。

精が出るの由来

精が出るの「精」は心身が元気なことを表しており、「出る」は仲から外へ移すということを表しています。これらの言葉を組み合わせて精が出るが成り立っていると考えられます。

精が出るの文章・例文

例文1.今日はとても気分がいいので仕事に精が出る。
例文2.いつもタスクをこなすのが早い彼だが、今日は一段と気合が入っていて作業に精が出る。
例文3.英語を勉強することにどうにも力を注ぐことができなかったが、海外旅行経て英語学習に精が出る。
例文4.最近彼はどこ疲れていて仕事もあまり順調ではなみたいのので休暇をとり、精が出るような食べ物をしっかりと取ってほしい。
例文5.この頃、兄はアルバイトに精を出していて貯金をしている。
これらから精が出るという言葉は精進している様子を表すのに適している言葉です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

精が出るの会話例

  • 質問者アイコン

    今日はとても豪華なランチをお腹いっぱい食べることができてよかったよ。

  • 回答者アイコン

    そうだね。これで午後からの仕事にも精が出るってものだよ。

  • 質問者アイコン

    いつも行列ができていて予約しないと入れないお店だから今日は運がよかったね。

  • 回答者アイコン

    今度も空いているときがあれば是非行ってみたいね。

精が出るという言葉は何か物事に一生懸命取り組むときに使われることが多い言葉です。特に仕事や学問に励むときにはよく使われ、日常会話でも使えるし、ビジネスシーンでも使える便利な言葉なので是非覚えておいてください。

精が出るの類義語

精が出るの類義語には、「奮励」「汗を流す」「精進」「馬車馬のように働く」「骨折り」などがあります。

精が出るまとめ

気分や体調がが良ければ物事に精が出て頑張ることができると思います、そのために体調管理であったり、休みの日はリフレッシュしたり、することはとても大事なことでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事