立憲的意味を理解する事が国家の礎

立憲的意味(りっけんてきいみ)

なるべく、国民側の自由を保障し、権力側による専断性を制限していくための憲法の意味になります。これからはそうした、立憲的意味の全体像に関しての内容について触れて、より憲法についての解釈・理解を深めていきましょう。

立憲的意味の意味とは

立憲的意味の意味とは、権力による過剰な権限強化に対しての制限を可能にし、国民個々人の自由権を保障していくための基本理念を持ちながら、権力を分立した制度を採用していくための、憲法の考え方の事を指します。その典型的な形のものとしては、現在の日本国憲法にある第62条の「議院の国政調査権」などを、挙げる事が出来ます。これなどは議院による委任・付託で、常任委員会や特別調査会などによって、担当委員である国会議員の方を通じて行使をされる形になります。

立憲的意味の由来

立憲的意味の由来とは、元々、憲法が出来た由来自体も、国王や皇帝、首領、君侯などのような、いわゆる特定の国や社会勢力の長や幹部らをはじめとする統治者(国家)による、恣意的な権限濫用などから、国民の自由権を守る必要性があるところから始まりました。
そして、憲法が作られて、統治者によらず、それにより統治がなされていく事を立憲主義と言います。
この点で、立憲的意味での憲法といった概念が生まれる事になります。

の立憲的意味の文章・例文

例文1.国民をはじめとする、そこに住む全ての人間が個人としての事由が保障をされることが立憲的意味となる
例文2.迫害や阻害から自分達を守る種に立憲的意味を把握して、政治への視野を広げる
例文3.自由が守られる為に政治に参加して、立憲的意味を理解すべきだ
例文4.立憲的意味を理解する事で憲法解釈の幅が広がる
例文5.立憲的意味では社会権の確立は、個人の生活は保障されるべきだ
以上のような、上から順に各例文にあるとおり、今日までの「社会権の保障」といった形に至る、福祉国家といったような流れになってはいますが、それでもやはり、裕福な一部の人々への富の偏りがあるといったような実態があり、中々、世界中での貧富の差の拡大という問題を克服出来ないという現実があります。

立憲的意味の類義語

立憲的意味の類義語としては、「立憲主義」「立憲政治」「立憲国家」「立憲政体」「立憲体制」「立憲統治」などの語群類が挙げられます。

立憲的意味まとめ

原初的には、古代の西ヨーロッパ地域においての、専制君主がいたイギリスやフランス、ドイツなどの各諸国で、国民その他の一般庶民層である人々が人権を侵害されたりする事が少なくありませんでしたので、そのような苦しい社会環境の中から、立憲的意味の憲法の概念が生まれたきっかけがあります。
しかしながら、現在のIT社会と呼ばれる時代ではあっても、中々、世界中におられる人々の全てに適う、立憲的意味での法の支配が各国で確立しているとはとても言えない、貧困の格差その他からなる、様々な課題がある事は、確かです。
また、近年において注目視をされている、温暖化などの環境問題も、決してこれとは無関係では無い実態があります。

大工場を世界中各地で多く運営をしている富裕層である経営者、一方、それらの大工場による排出煙で住んでいる気候が変わり、それによりもたらされる異常気象による自然災害の被害を受けたりする貧困層である一般庶民、こうした構図も出来ています。
こういう実態がある事から、環境問題自体もやはり、立憲的意味の憲法が各国で施行をされたりはしていても、中々、解決出来ない貧困問題での格差がもたらす、一ケースといった面があります。
こうした環境問題に限らず、これ以外にも様々な形での、世界各国単位規模である、立憲的意味の憲法学上での貧富の格差がもたらす出来事が起きており、世論からとても深刻視をされているという現状です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事