移民を求める人々の行進

移民政策

移民政策は、国会でも度々取り上げられているテーマなので、この言葉自体は聞いたことがある人も多いでしょう。今後の日本の行く末がかわる重要な問題であり、文化や価値観などの相違をどれだけ埋められるかも重要なテーマです。

「移民政策の意味とは

移民政策とは、海外からの外国人労働者にその国に移住することを認め、その上で労働してもらおうという政策です。出稼ぎで短期間だけ働きに来るのを許可するのではなく、移民として家族ごと受け入れる政策です。

日本の国会で論議されているのは、実はこれとは異なり、法の改正によって、従来より間口を広げた在留資格を与えるという案です。その為、原則的に5年を超える在留は認めず、家族の帯同は許可しないという条件が付いており、移民政策とまでは言えない内容です。
移住してもらうことで、その国の生活習慣だけでなく、文化や歴史にまで理解を深めてもらい、その国の国民と同様に尽くしてもらえるというメリットがありますが、現在ではそれによる治安の悪化や犯罪の増加などのデメリットの方が叫ばれることが多く、あまりすすんで行っている国はありません。

移民政策の由来

移民政策という言葉の由来は、”移民を促進させる為の政策”からです。その字の如くの内容で、主に労働力として移民を求めていた国では、一時期は盛んに行っていました。
国が政策として行う為、違法なブローカーなどを通して密入国するのとは違い、家族共々きちんとした保障も受けられる生活が送れるのが一番の特徴です。

「移民政策の文章・例文

例文1.日本の外国人労働者の新しい受け入れ案は移民政策に近くないか?
例文2.移民政策を急にストップした国は、それによる何かしらの悪影響があったのだろう
例文3.移民政策で外国人を受け入れるのはいいが、その所為で自国民が職を失っては元も子もない
例文4.今の時代に移民政策なんて、考えが古いと言わざるを得ない
例文5.きちんとした移民政策が行われれば、不法滞在者も減るはずだ
移民してきた労働力によって、その国の人間が職を失うようでは、何の為の政策なのだか分かりません。その点が特に問題視されている為、日本では本格的な移民ではなく、あくまで労働者として期間を限定して受け入れるに留まっています。

移民政策の類義語

移民対策の類義語は、「入管法」(出入国管理法)です。外国人に対するその国での対応を管理する法律で、日本ではこの改正により、これまでより外国人労働者を受け入れやすくしようとしています。
これによる治安の悪化や、日本人の職の安定が懸念されている一方、密入国が減ることへの期待もされています。正式な手続きで日本に働きに来やすくなれば、下手に違法な手段で入国することはないからです。

移民政策まとめ

移民政策は、今では問題点の方ばかりが指摘されることが多く、どの国でもあまりすすんで行われていませんが、シンガポールのように、それによって現在のような繁栄を遂げた国もあるように、場合によっては国力を上げる為の大変有効な手段の1つだと言えるでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事