神通力が発揮され、目標が達成される

神通力(じんつうりき)

皆さんはなんでも思い通りに事を進めたいと考えたことはありますか。一度は考えたことがあるのではないのでしょうか。現実では才能や能力が至らず、でも実現したいことってありますよね。不可能なことを可能にする力や超人的な能力のことを表す言葉として神通力というものがあります。今回は、そんな神通力について使い方を説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

神通力の意味とは

神通力の意味とは、何事も自由になしうる力を意味する言葉です。人智を超えた仏や神が使用できるとされる力を発揮する事を神通力という様な言われ方をします。

神通力の由来

神通力の由来は言葉からもわかるように神に通じる力があるということから転じて何事も可能にすることができる力、不思議な力という意味として使われるようになったと言われています。

神通力の文章・例文

例文1.修行して神通力を習得した私は未来のことを予言することができる。
例文2.神通力や超能力などは信じられないし、ましてや占いなども適当なことを言っているに違いないと思ってしまう。
例文3.彼の神通力によって、不治の病と言われていた叔父の病気が治っていまでは元気に生活している。
例文4.自分の信じられない現象を全て神通力と考えて疑うことをしなかったらここまで科学は発展しなかっただろう。
例文5.急に神通力が使えるようになったといっても誰も信じてくれないだろう。
これらから神通力という言葉は現実では考えられない力を表すときに使われます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

神通力の会話例

  • 質問者アイコン

    歴史にさ不思議な力で次々と不治の病を治したことがある人がいたってこの前習ったんだけどどうしても信じることができないんだよね。

  • 回答者アイコン

    うん。僕もだよ。今日では考えられないからね。

  • 質問者アイコン

    そうだよね。神通力があると言っても到底信じられることはないだろうしね。

  • 回答者アイコン

    ほんと今みたいに動画として資料が残っていればいいのにね。

昔は資料やデータを残すには、紙がほとんど主流で本から後世に伝わることがほとんどでしたが、今ではコンピュータを利用してデータを管理することができ、場所を気にすることもなくなったのでほんとに便利な時代になりましたよね。今日でも神通力はフィクションの世界で能力を表すとき使うことができるでしょう。

神通力の類義語

神通力の類義語には、「魔力」「神秘」「超能力」「霊力」などがあります。

神通力まとめ

神通力の類義語には超能力や霊力や魔力などの超人的な能力を指す言葉が挙げられます。小説やゲームの中では使われることがある言葉です。なので今日でも耳にすることもあると思うので是非覚えておいてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事