社交辞令の挨拶

社交辞令(しゃこうじれい)

社交辞令という言葉は、仕事の場面や日常生活でよく耳にする言葉です。しかし、その意味を正しく理解しているでしょうか。何となくで使っている方は少なくないようです。社交辞令は人間関係を円滑に進めるためのものですが、不本意のやり取りや偽りの態度をとる傾向が強い人たちが急増してきました。

社交辞令の意味とは

社交辞令の意味とは、日常、行事、風習など世間づきあいを円滑にするための挨拶です。人との関係を円滑にするために大切なことが挨拶です。挨拶が一言あるだけで世間づきあいは変わります。また、社交辞令は相手を褒めるときにも使います。この場合の褒めるは本心からの場合もあれば、利益のためにやむを得ずに本心でないことを語っている場合とがあります。やむを得ずに使っている場合は、内実を伴わない空ぞれしい言葉という意味になります。

社交辞令の由来

社交辞令は「社交」と「辞令」に分けて考えることができます。「社交」は人同士が関わり社会を作って世の中を動かすことです。「辞令」は人に対応するときに用いる言葉です。
このことから、社会を動かしていくために用いる言葉が由来と考えられます。実際、人とかかわる場面で社交辞令という言葉が使用されます。

社交辞令の文章・例文

例文1.あの人は社交辞令ばかり口にする
例文2.友人は社交辞令を使っていたのだと理解した
例文3.私がトップの学校を卒業したことに関して交わされる言葉は社交辞令ばかりだ
例文4.社交辞令で飾り立てる
例文5.あいつが言っていることは社交辞令なのか本音なのかわからない
社交辞令という言葉は、あまりよい意味では使われない傾向があります。本音を言っていないため、よい印象を受けないようです。しかし、日本の察する文化がある為、利用する場面は多くあるでしょう。

社交辞令の類義語

社交辞令の類語は「お世辞」です。お世辞も社会を円滑に動かすために必要な言葉です。お世辞もときとしてよい意味には受け取られないことがあり、この点も社交辞令に似ています。社交辞令の場合はお世辞よりも社会とのかかわりという意味合いが強くなります。

社交辞令まとめ

社交辞令はあまりよい意味で使われないのですが、社会を円滑にするためには時には社交辞令を言うことも必要です。挨拶や褒め言葉など社交辞令があるからこそ社会が円滑に回っています。本音と建て前をうまく使い分けることで「あいつは社交辞令ばかりだ」と非難されることが少なくなることでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事