確定拠出年金

2001年の10月からスタートした私的年金で日本版401Kと言われており、メディアでも取り上げられるケースが多くなっており、企業に勤めている方は個人型と企業型がありその制度の特徴とメリット・デメリットはしっかりと理解をしておきたい所です。

確定拠出年金の意味とは

確定拠出年金はまだ働いている現役時代に掛け金を確定して事前に納めておき、その資金を元に運用された損益が将来の年金に反映されてくるという仕組みです。その為、損益が確定していない現段階では将来の貰える額は未確定です。また確定拠出年金には2つの種類があります。1つが個人型(individual type)でもう1つが企業型(corporate type)です。
個人型の場合は個人が掛け金を支払っていき、将来の年金に上乗せされる事を見越していく性質で、原則として長期的な資産形成を目的としており、60才までは引き出せません。
一方企業型は企業が掛け金を支払いますし、退職金制度として加入をしているケースがほとんどです。またマッチング拠出と言って、企業が払ったものに個人である従業員が上乗せする事も可能です。

確定拠出年金の由来

確定拠出年金の由来、あるいは導入の目的としては多様化する社会情勢(少子高齢化)から、個人の責任において、運用の指示を行い高齢期になった際にその給付を受け取る様にするものであり、公的給付とあわせて生活基盤の安定と福祉の向上する様に導入された。また掛け金、損金については所得控除の対象となる為、節税という面でのメリットもある。

確定拠出年金の文章・例文

例文1.確定拠出年金には個人型と企業型がある
例文2.確定拠出年金と確定給付年金の違いを理解する
例文3.日本版401Kとして鳴り物入りで確定拠出年金はスタートした
例文4.確定拠出年金法に基づき、確定拠出年金は運用される
例文5.将来を見据えて、確定拠出年金をやる人が増えた
確定拠出年金にも当然ですが、メリット・デメリットが存在します。メリットはやはり税制上の優遇や運用コストの安い投資信託が出来る事、企業型ですと更に会社倒産時も保護されるなどがあげられます。
デメリットとしては途中での引き出しは厳しい要件があり、容易ではないという事。長期的な資産形成が目的ですので、原則は60才まで引き出せません。

確定拠出年金の類義語

確定拠出年金の類義としては「確定給付年金」や「401K」「公的年金」、「個人年金保険」などがあげられます。

確定拠出年金まとめ

確定拠出年金については、現時点では専門家の中でも賛否両論あり、加入の是非は個人がしっかりと調べて、納得をした上で判断をすべき事となります。将来の生活基盤を安定させる目的で導入された制度であり、メリットを享受できる場合には将来を見据えて資産形成の一環として検討する価値はあるでしょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事