真心(まごころ)

真心とは、偽り飾りのない心のことを指す言葉です。「真心のこもった贈り物」「真心が尽くされたおもてなし」というような使われ方をする事が多くなります。それでは「真心」について、意味や由来、例文や類義語などを交えて、わかりやすく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

真心の意味とは

真心の意味とは、偽り飾りのない心のことです。一番近い言葉として「誠意」があり、相手の事を心から考え、相手の為になる、相手が喜ぶ、相手の役に立つという飾らない心からの思いを表した言葉と言えます。

真心の由来

真心の「真」は本当のやまことのといった意味があり、その「真」と「心」をを組み合わせて真心という言葉が成り立っています。

真心の文章・例文

例文1.真心込めて作った手作りのチョコレートをバレンタインデーにプレゼントとする。
例文2.冬になりとても寒い季節になってきたので、真心込めてマフラーを手編みする。
例文3.ここの料理の美味しさの秘密は真心込めて作られていることだけではなく、店員さんが作り出す店内の雰囲気も一つの要因であろう。
例文4.真心を尽くした彼女の手料理は、とても温かくどれも美味しいものばかりだった。今度は、自分がおもてなしできるように料理の練習をしておこう。
例文5.真心を込めてあなたにこのプレゼントを用意しました。どうぞ受け取ってください。
これらから真心は真心を込めてのような言い回しで使われることがほとんどです。料理やものなど手作りするときに真心込めてなどという言い方をするので是非覚えておいて使いこなせるといいでしょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

真心の会話例

  • 質問者アイコン

    今度彼女の誕生日なんだけどプレゼント何を上げればいいかな。

  • 回答者アイコン

    彼女の誕生日近いんだね。真心がこもった手作りのプレゼントなんてどうかな。

  • 質問者アイコン

    それはいいね。今までは手作りのプレゼントとなんて上げたことなかったからきっと喜ぶに違いないよ。相談に乗ってくれてありがとう。

  • 回答者アイコン

    うん。僕が相談あるときはちゃんと話しを聞いてくれよ。

プレゼントというのは何であれ誰かからお祝いであったり、サプライズでもらったりすれば嬉しいものですよね。真心がこもったプレゼントというのは特に親しい間柄であれば貰って嬉しいものだと思います。そんなときに真心という言葉を使うには適しています。是非使ってみてください。

真心の類義語

真心の類義語には、「真情」「誠意」「赤心」「至心」「誠実」などがあります。

真心まとめ

真心という言葉は、普段目にすることもあると思いますし、耳にすることもあると思います。真心の意味以外にも真心の類義語を覚えておくと役に立つこともあるかもしれません。これを機にいろいろな単語を合わせて覚えてボキャブラリーを増やしておけるといいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事