県民割(けんみんわり)

県民割とは、地域観光事業支援のことで、旅行客1人1泊につき、宿泊代の50%(上限5000円)を支援される制度です。また、登録されている飲食店などのお店で使える2000円分の特典クーポンももらえます。一昨年日本全体で行われたGoToトラベルキャンペーンよりも知名度は高くないため、利用している人はまだそこまで多くはないようです。それでは今回は、「県民割」についての解説となります。

[adstext]
[ads]

県民割の意味とは

県民割とは、地域観光事業支援、都道府県民割とも呼ばれており、旅行客が1人1泊につき宿泊代の50%(上限5000円)が支援される制度で、さらに飲食店などで利用できる2000円分の特典クーポンももらうことができ、大変お得な制度となっています。以前GoToトラベルキャンペーンがありましたが、それに近いもので、対象者を各県の県民に限定していたり、PCR検査やワクチン接種などの条件を付けたりと各自治体によって内容は異なります。内容は宿泊代の割引とその地域で使えるクーポン券が付いてくるというものなので、GoToトラベルキャンペーンの縮小版というイメージをすると分かりやすいでしょう。

県民割の由来

県民割は、官公庁より2021年3月に発表された、旅行需要が下がっている中で地域活性のために観光事業を支援するために作られた事業です。GoToトラベルキャンペーンとの違いとして、対象者を県民などに絞っているため、感染拡大を抑制しつつ収益の安定を図れるということがあります。あくまでも第一は感染拡大のリスクが広がらないことなので、それとの両立を目指しながらというのが、県民割の大きな特徴となっています。

県民割の文章・例文

例文1.ゴールデンウィークは県民割を使って旅行を計画している。
例文2.県民割を利用したいのに、東京都民は対象外のようだ。
例文3.県民割は、コロナの感染拡大を抑えつつお得な制度だから、とてもバランスの良い制度だ。
例文4.県民割はとてもお得と思うけど、住んでいる県にわざわざ旅行に行こうとは思わない。
例文5.県民割が各県で使えるようになっているが、GoToトラベルキャンペーンの再開はいつになるのだろうか。
県民割についての例文になります。感染拡大を抑えつつの観光事業支援のため、東京都など感染者数が多い都道府県は対象外のところもあります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

県民割の会話例

  • 質問者アイコン

    先日近場だけど家族と小旅行に行ってきたよ。

  • 回答者アイコン

    えーいいなあ。羨ましい。

  • 質問者アイコン

    今ね、県内だと県民割ってのが使えるから、結構お得に行けるんだよ。にしても草津温泉よかったなあ。

  • 回答者アイコン

    えー、県民割ってのがあるんだね。草津温泉行ってみたいんだよねー。

県民割を利用して草津温泉に小旅行に行ったことについて話している様子です。

県民割の類義語

県民割の類義語には、「GoToトラベルキャンペーン」「地域観光事業支援」「都道府県民割」「イベントワクワク割」などがあげられます。

県民割まとめ

今回は県民割についての解説でした。お得に近場で旅行をしたい方にはとてもお得な制度となっているので、ぜひ検討してみては良いのではないでしょうか。ただ、コロナ感染拡大防止が一番の前提とはなるので、感染対策はきちんと行うことが大切です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事