直近の話をする様子

直近(ちょっきん)

ビジネスシーンなどで言われたことがないでしょうか。「この書類、直近のデータでまとめて」との言葉を。そのまま耳にして聞くと「ちょっきん」というなかなか聞きなじみのない言葉です。
この言葉は幅広く使われることが多く、わからないまま使っているとほかの人を混乱させてしまうかもしれません。この言葉の意味をあなたは正しく理解しているのでしょうか。

直近の意味とは

直近の意味とは、対象のすぐ近くのことを指します。使われる状況により、過去でも未来でも適用することができます。

直近の由来

直近の由来は、「直」は「すぐに」を意味し、「近」は「現在に近い」を意味します。過去でも未来の中でも一番対象に近いものごとのこと指します。

直近の文章・例文

例文1.この書類なんだけど、直近のデータだけまとめてこっちに送ってくれ。
例文2.直近の問題だけとりあえず何とかすることにして、それ以外は後回しにしよう。
例文3.直近の仕事が多すぎてマネージメントの仕事ができていない。
例文4.直近の会議でこの問題に触れることが決定した。
例文5.直近という言葉は、過去にも未来に対しても使うことができる。
「直近で」と言われることは多々あります。その際にすぐに対応できるようにしたいですね。

直近の会話例

  • 質問者アイコン

    ここのデータをまとめたグラフなんだけど、直近のデータだけ抽出しておいて。

  • 回答者アイコン

    すみませんが、直近のデータとはいつからいつまでのデータのことを指していますか?具体的に言ってください。

  • 質問者アイコン

    ああ、悪かった。今日から一年分のデータで大丈夫だ。頼んだぞ。

  • 回答者アイコン

    承知いたしました。ですが、そうなるとこのグラフの考察も変わるため、こちらで修正しておきます。

「直近」という言葉が使われても、具体的な日付などを述べてもらわないと混乱してしまう可能性があります。具体的に言うことは、しっかりと互いに認識するために必要なことだと言えます。

直近の類義語

「直近」の類語は「間近」「最近」などがあげられます。

直近まとめ

社会にでて初めて知った言葉というものは、多々あります。間違えて覚えてしまっていては、大切な場面で恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。
直近という言葉はかなり頻発される言葉なので、意味をしっかり覚えておきましょう。
そんなことにならないように、日々精進していきましょう。社会人になるとおろそかになりがちなマナーも改めて調べてみましょう。まずは、ほかの言葉の記事を読んでみてはいかがでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事