目と鼻の先ほど近い

目と鼻の先(めとはなのさき)

例えばですが登山をしていて「山頂までまでもう目と鼻の先だ、頑張ろう」などと仲間を鼓舞するような時やサファリパークで「目と鼻の先に猛獣がいるど迫力」などと宣伝にこの言葉が使われていたり、この言葉は何気なくいろんな場面で使われていることが多くあります。ことわざや慣用句には体の部位を使って表現するものが数多く存在しています。今回は「目と鼻の先」につて詳しく解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

目と鼻の先の意味

目と鼻の間のように距離がものすごく近いという意味になります。
実際に数センチの距離というより、家が隣とかずっと移動してる中でもう数メートルで目的地に着くなどでも「目と鼻の先」と使うことができます。

目と鼻の先の由来

由来も意味と同じとなります。
顔を見た、もしくは触れた中で目と鼻の距離が極めて近いため、そのように場所と自身の距離がものすごく近いことを、目と鼻の先くらい近いと表すために用いられました。

目と鼻の先の文章・例文

例文1.スーパーまで目と鼻の先だが面倒くさくて家から出たくない
例文2.実家が目と鼻の先のところにあるのでしょっちゅう夕飯を食べに帰っている
例文3.目的地までもう目と鼻の先だよ
例文4.夫の目と鼻の先のところにリモコンがあるのに私に取ってとお願いしてくるのはなぜだろう
例文5.幼馴染の家は目と鼻の先ほど近いところにある
このように非常に近い距離にある物、場所を指す際に「目と鼻の先」が使われます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

目と鼻の先の会話例

  • 質問者アイコン

    あとちょっとでBBQの会場に着くよ!車移動長かったね、ごめんね。

  • 回答者アイコン

    やっとー?もう2時間くらい移動してるじゃん。
    もうやる前に疲れちゃったよ。

  • 質問者アイコン

    もう目と鼻の先だよ!もうちょっと頑張って!

  • 回答者アイコン

    あ!もしかしてあれ?なんだか急に楽しみになってきた!!早く早く!

目と鼻の先ほど近くにあれば落ちたモチベーションも急上昇間違いなしです。

目と鼻の先の類義語

「目と鼻の間」や「目睫の間(もくしょうのかん)」などが挙げられます。どちらも近さを表す慣用句になります。

目と鼻の先まとめ

実際よく使っている言葉ではあると思いますが、正確な意味やなぜ目と鼻の先といわれるのか知っていた人はどれほどいたのでしょうか?目と鼻の先ほど違いけど面倒になったり、はたまたその近さがモチベーションの維持、回復になったりと目標目的の近さは結構重要だったりしますね。ものすごく近いという意味を表す言葉どんな時にも使いやすい慣用句となります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事