給料前に皮算用で予定を立てる

皮算用(かわざんよう)

「皮算用」は有名な言葉ですよね。誰もが諺「取らぬ狸の皮算用」を思い浮かべ、それを省略したものと判断できます。この様な諺を省略するのは他にも、「藪からつついて蛇を出す」の「藪蛇」、「棚から牡丹餅」の「棚ぼた」など意外に多いのです。では、あまりにも有名な「皮算用」について解説を始めさせて頂きます。

皮算用の意味とは

「皮算用」の意味は以下の通りとなります。
 (1)物事が実現や決定していない内から、あれこれと計画や想像を巡らす。
 (2)儲けたと仮定して、それを当てにした計算や予定や計画を組む事。
 (3)「取らぬ(捕らぬ)狸の皮算用」を省略したもので、同義となる。
「皮算用」は難しい部類の言葉ではないので、上記の様な意味となります。要するに、儲けをまだ手に入れていないのに、何に使おうと胸が膨らむ状態です。より深く掘り下げるなら、実現する可能性が高い時なのか、それとも実現期待が薄い時でも使うのかなど、微妙なニュアンスはあるようです。当時の時代背景などを考慮するなら、タヌキを捕まえるのはそこまで困難ではなかったようなので、実現する可能性が高い状態ながらまだ未達成の時に、捕まえた(儲けた)と仮定して想像を張り巡らせるのが「皮算用」となりそうです。

皮算用の由来

「皮算用」の元となるのは諺「取らぬ狸の皮算用」です。”取らぬ狸”は”捕らぬ狸”でもあり、狸を捕まえる前の段階となります。”皮算用”は狸の毛皮の勘定と解釈でき、これらを合わせると、「狸を捕まえる前から、毛皮が売れた勘定をしている」という意味になります。

皮算用の文章・例文

例文1.古本屋に行くと、ネットで転売するといくらになるか皮算用を始めてしまう。
例文2.新車を購入する時は売却する事を考えて、人気車種や色ばかり気にする皮算用タイプになっている。
例文3.新入社員の頃は、誰もが皮算用で給料やボーナスの使い道をあれこれ考えたものだ。
例文4.デート前に皮算用を立てていたが、予定外な高価なプレゼントをして一気に狂ってしまった。
例文5.日本の銀行は利子が低いので、定期貯金で皮算用の夢を見る事は不可能だ。

「皮算用」を使った転売、車購入時などの例文となります。

皮算用の会話例

  • 質問者アイコン

    そろそろボーナスの時期ですよね。何を買おうかあれこれ考えちゃいますよね?

  • 回答者アイコン

    何を考えるの?

  • 質問者アイコン

    何って、ボーナスの使い道ですよ。サラリーマンにとって、ボーナスだけが生き甲斐ですよ!

  • 回答者アイコン

    今期は業績不振で、うちの会社はボーナスが寸志みたいだよ。だから、ボーナスの皮算用をするのは無駄になりそうだね。

ボーナスについて「皮算用」をしていたが、それが無駄になるという会話です。

皮算用の類義語

「皮算用」の類義語には、「目算」「胸算用」などの言葉が挙げられます。

皮算用まとめ

「皮算用」は、物事の実現前から計画を立てるという意味です。一般的には”算用”と付く事からも、金銭が絡む時に使われる傾向ですが、それ以外の用途でも問題ありません。それでも、普通は可能性が高い時にその嬉しさから、先走ってあれこれ計画を立ててしまうので、その行為が「皮算用」となります。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事