皆既月食(かいきげっしょく)

「皆既月食」とは、天文現象のひとつで、月が地球の影にかかることで太陽光が当たらず、満月が欠けていくように見える現象です。2021年5月26日に、約3年ぶりに日本で皆既月食が見られ、普段は中々見られる機会も少ないのでとても注目が集まっています。それでは今回は、「皆既月食」について解説をしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

皆既月食の意味とは

皆既月食は、太陽の光によってできる地球の影が月にかかることで、満月が欠けていくように見える天文現象です。そもそも月食とは、「月」を「食べる」という文字のように、月がまるで食べられたかのように欠けて見えることです。それは、太陽、地球、月が綺麗に並んでいる時に、月は地球よりも小さいため、ちょうどその3つが横並びになると地球の陰と重なります。部分月食というのは、食べられたかのように一部が欠けて見えることで、皆既月食は、月全体が太陽による地球の影に覆われるため、本来の光り方ではなく、赤胴色に見えます。

皆既月食の由来

皆既月食の由来は不明ですが、皆既とは皆既色の略で、全体を覆い隠された状態のことです。また、月食とは、文字の通り月の光が欠けて見えている状態がまるで月が食べられているかのように見えることが由来となっています。

皆既月食の文章・例文

例文1.科学の授業で皆既月食について習う。
例文2.皆既月食を見られる機会は中々ないため、その瞬間をしっかりと目に焼き付ける。
例文3.学校の天文台に集まって、皆既月食の観測を行う。
例文4.皆既月食により、月が赤胴色に見えている。
例文5.日本では3年ぶりに皆既月食が観測できるため、多く注目が集まっている。
皆既月食にとても注目が集まっていますね。因みに、今年の皆既月食は、月と地球の距離が近く大きく見えるため、スーパームーンと呼ばれています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

皆既月食の会話例

  • 質問者アイコン

    いよいよ今日は皆既月食が見られるね。

  • 回答者アイコン

    そうだね、写真でしか見たことないから、実際に見られるのは楽しみだなあ。

  • 質問者アイコン

    夜遅いから忘れないようにしないとね。

  • 回答者アイコン

    ちゃんと8時から9時の間に見るようにメモしとくね。

授業で皆既月食について聞き、いよいよ見られるという話をしている学生の様子です。今年のスーパームーンは夜の8時から9時頃に見られるようです。

皆既月食の類義語

類義語には、部分的に月が欠けて見える「部分月食」などがあります。そのほかには関連語として、「皆既日食」や、太陽に月が重なって光の輪のような状態になる「金環日食」などもあげられます。

皆既月食まとめ

太陽、地球、月の順に綺麗に並んだ時に、太陽の光によってできる地球の影が月にかかることで、満月が欠けていくように見える天文現象のことを皆既月食と言います。日本では3年ぶりに観測できるとのことでTwitterなどでも1週間ほど前からトレンドになっています。貴重な機会なのでぜひ見てみると良いと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事