畜産農業(ちくさんのうぎょう)

「畜産農業」とは「農業部門の中で牛や豚や鶏など食用の家畜を育てたり、乳製品加工などの産業を営む農家や業種の総称」です。畜産は近年注目の仕事であり農業分野で、贅沢品は我慢ができても食事に関わるのは絶対必須なので、長期的にもさらに成長が見込まれる魅力があります。

[adstext]
[ads]

畜産農業の意味とは

「畜産農業」の意味は以下の通りとなります。
(1)農業部門の中で牛・豚・鶏・馬・鴨など家畜を飼育・肥育・ふ卵させる農家であり業種の総称。
(2)家畜などに関する産業で、酪農・肉用牛生産・養豚・養鶏などの他、集送乳・食肉解体・食鳥処理業などの仕事の呼び名。
(3)「畜産業」や「畜産」も同義扱い。
”畜産”は「牛や豚などの家畜を繁殖や飼育させ乳製品や肉や卵など畜産物を生産する仕事」「家畜」、”農業”は「作物の栽培や家畜を飼育する産業」で、家畜の飼育や生産をするのが「畜産農業」です。牛や豚を育てて国産ブランド牛・豚にしたり、牛から乳牛を採り牛乳やチーズを作ったり、鶏を食用に育てたり卵の生産をするなどが代表ですが、他にも食肉解体や集送乳、羊の毛を衣用にしたり、実験用のモルモットを生産するのも「畜産農業」になります。そして「畜産農業」で生計を立てている世帯を「畜産農家」、畜産に従事する者を「畜産農業者」や「畜産家」と呼びます。近年はベジタリアンやヴイーガンなど動物肉を拒否する人々も増えていますが、国民の食生活を支える重要な産業として無くてはならない存在が「畜産農業」です。

畜産農業の由来

「畜産農業」の歴史として、動物を畜産も含めて飼い始めたのは中東の遊牧民が始まりとされています。その後、紀元前8500年頃から豚や羊や牛などは家畜化され、日本の場合は旧石器時代には野生の牛や鹿や兔を食していたので、それが次第に飼育などにも繋がっていったようです。

畜産農業の文章・例文

例文1.畜産農業の繁栄が日本の未来の食卓を支える事になる。
例文2.北海道などは畜産農業が栄えているイメージがあるが、実際はどうなのか?
例文3.小学生が遠足や体験学習で牧場などを訪れるのも、今になってみれば畜産農業を学ぶ貴重な第一歩なのだろう。
例文4.将来は親子揃って畜産農業で生計を立てるのが夢である。
例文5.動物の飼育は一年中休み無しなので、畜産農業も大変ハードな仕事だと思う。
「畜産農業」のイメージや現実についての例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

畜産農業の会話例

  • 質問者アイコン

    もう東京生活にも飽き飽きしたし、田舎に戻って畜産農業でもやろうか?

  • 回答者アイコン

    鶏とか牛を育てるって事?

  • 質問者アイコン

    そうそう。毎朝鶏に起こされ、産み立ての卵で朝ご飯を食べて最高の毎日じゃない。

  • 回答者アイコン

    確かにそういう生活にも憧れるわね。ちょっと真剣に考えてみるわ。

田舎に戻って「畜産農業」に就く事を考え始めた夫婦の会話です。

畜産農業の類義語

「畜産農業」の類義語には、「畜産農家」「酪農業」「牧畜」「養豚業」「養鶏業」などの言葉が挙げられます。

畜産農業の対義語

「畜産農業」の対義語はありません。補足として”家畜(畜産)”の対義語は「野獣」「獣類」「ビースト」など、”農業”は「工業」「商業」などの言葉が挙げられます。

畜産農業まとめ

「畜産農業」は牛や豚などの家畜を育てたり肉や乳製品にしたり、集送乳・食肉解体なども含めた業種です。ですから様々な業種も含まれますが、それだけ人々の生活が豊かになるにつれて家畜を食したり利用する需要が増えた訳で、今では生活に欠かせられない重要な産業になりました。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事