畏敬の念を抱いて接する

畏敬の念(いけいのねん)

畏敬の念は敬う心情のことです。皆さんは誰かを尊敬している人であったり、目標としている人がいますか。尊敬できる人や目標としている人は、人格が優れていたり、才能や能力にめぐまれているということがあると思います。そういう人は、畏れ多いと思われることもあります。そんなことから畏敬の念を抱かれることがあります。今回はそんな畏敬の念という言葉の意味や例文とともに見ていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

畏敬の念の意味とは

畏敬の念の意味は敬う心情のことです。上司や先輩、先生やコーチなど相手を尊敬することがあると思います。そんな心情を表す際に畏敬の念という言葉を使うことができます。覚えておけるといいと思います。

畏敬の念の由来

畏敬の念の「畏敬」とは心から敬うことを意味しており、「念」は常に心の中に往来している思いのことです。これらの言葉を組み合わせて畏敬の念という言葉が成り立っています。

畏敬の念の文章・例文

例文1.彼は本当に偉大な人で多くの偉業を残してきており、畏敬の念を抱いている。
例文2.多くの人の命を救ったその行為に畏敬の念を打たれた。
例文3.ただ通りがかった人を助けただけなのに、畏敬の念を抱かれたので驚いた。
例文4.絶体絶命のピンチから救ってもらった恩人に畏敬の念を抱く。
例文5.畏敬の念覚えるほど彼女の手厚いサポートには感謝している。
これらから畏敬の念は、敬う心情のことの表す言葉です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

畏敬の念の会話例

  • 質問者アイコン

    あの漫画に出てくる主人公は人を助けるためなら自分の命を投げ出すことを厭わなくて、まさにヒーローそのものだったよ。

  • 回答者アイコン

    あの漫画読んだのね。私もまさに彼はヒーローだと思ったわ。

  • 質問者アイコン

    うん。それにあの漫画は今後も続きがあるみたいだし、楽しみだよ。

  • 回答者アイコン

    そうだね。私はあの主人公には畏敬の念を抱くくらい好きだから新刊が出たら買うと決めているの。

これは、ある漫画について話している様子です。

畏敬の念の類義語

畏敬の念の類義語には、「恐怖感」「尊敬の眼差し」「敬意」などがあります。

畏敬の念まとめ

畏敬の念という言葉は畏敬の念を抱くや畏敬の念を覚える、畏敬の念に打たれるといった使い方がされます。畏敬の念の意味だけでなく、使い方をしっかりと覚えておくことによって理解も深まると思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事