田口ブラック(たぐちぶらっく)

「田口ブラック」とは「ライブ配信動画などで背景画面を黒くして、視聴者にインパクトを与えるテクニック」です。画面が黒いと登場人物や白文字が見やすいので、次第に惹き込まれてしまう効果が期待できます。スマホなどでダークモードの方が画面が見やすく感じるのと基本的には同じようなものでしょう。それでは解説に入らせて頂きます。

[adstext]
[ads]

田口ブラックの意味とは

「田口ブラック」の意味は以下の通りとなります。
(1)オンラインのライブ配信などで用いられる表現手法で、人物や文字などの背景を黒くする事で視聴者にインパクトを与える映像テクニック。
(2)ネット系企業の経営者・田口氏がライブ配信動画に編み出したもので、映像の背景を黒くすると画面上では人物とキャプチャ画像が印象的になるので、プレゼン動画などで好まれている。
”田口”は「株式会社エンタミナ代表取締役・田口真行さんの略」、”ブラック”は「映像画面の背景を黒にする」で、ライブ配信やwebセミナー「ウェビナー」などで用いる背景画面を黒くして人物や白文字のインパクトを与えるテクニックが俗に言う「田口ブラック」です。ネット業界の専門用語というよりも、オンラインの配信やセミナーなどに精通している人達の間で評判となっている用語となります。動画を作成したりライブ配信で、背景が白いと眼の負担となるだけでなく、登場人物の印象が悪くなる事があります。それを回避するのが「田口ブラック」で、背景を黒くするとまるで実際に生で体感しているような感覚に陥るのです。

田口ブラックの由来

「田口ブラック」の由来は上記の通り、株式会社エンタミナ代表取締役・田口真行さんが編み出したライブ配信での視聴者にインパクトを与える黒い背景画面と自身の名前を合わせたものです。

田口ブラックの文章・例文

例文1.ネットで動画を観ていて、なぜか興味が湧いたと思ったら決まって田口ブラックだったのは笑えてしまう。
例文2.今後はテレビのニュースでも田口ブラックの手法が使われるかも知れない。
例文3.会場でのアーティストの生ライブや映画館での鑑賞などから、田口ブラックはヒントを得て完成したと思える。
例文4.田口ブラックで背景が黒いと、確かに白文字が見易くて印象に残る。
例文5.スマホのダークモードも田口ブラックという事にしておこう。
「田口ブラック」の解説めいた例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

田口ブラックの会話例

  • 質問者アイコン

    PC作業を何時間もして息抜きでスマホを観て…、これだけ目を酷使しているとそれは疲れるわ。

  • 回答者アイコン

    私も目薬が手放せない。

  • 質問者アイコン

    あれかな…。ダークモードの方が目にはいいのかな?

  • 回答者アイコン

    どうなんでしょうね…。でも、世間では田口ブラックとか言われていますよね。ほら、プレゼンやセミナーのネット動画で背景を黒くしていますよね。だから、目にも優しいんじゃないですか?

職場の男女が「田口ブラック」を使った会話をしています。

田口ブラックの類義語

「田口ブラック」の類義語はありません。同様に画面背景を黒くするなら「ダークモード」「暗色モード」「ダークテーマ」などの言葉が挙げられます。

田口ブラックまとめ

「田口ブラック」はライブ配信などの動画で、運営側が意図的に画面背景を黒くする映像表現です。黒くする事で画面の登場人物や文字が際立ち、結果的にはインパクトを与える画面となります。株式会社エンタミナ・田口氏が考案した手法から、世間からは「田口ブラック」と呼ばれています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事