生産性(せいさんせい)

仕事をする時、「生産性」という言葉を耳にする人も多いのではないでしょうか。生産性とは、コストに対する成果量の比率のことです。生産性というのは、モノを生み出す際には最も必要で把握しておく必要があります。今回は、その「生産性」について意味や由来、例文、類義語を交えて詳しく解説していきます。

[adstext]
[ads]

生産性の意味とは

「生産性」とはコストに対する成果量の比率のことです。生産性は“アウトプット/インプット”で計算されています。アウトプットとは、一言でいえば“成果量”で、商品やサービスによる産出額や産出量を指します。インプットはコストのことで、モノやサービスを生み出すのに必要な原料などの生産コストや、人件費などの労働コストを指します。特にビジネスシーンにおいては、生産性は非常に重要な指針となっています。また新型コロナウイルスの影響でリモートワークが一層普及してからは評価の判断基準が生産性の部分へウェイトが大きく変わったとも言われています。

生産性の由来

「生産性」は、モノやサービスを生み出す、提供する「生産」と、その本質などを指す「性」を組み合わせた言葉になります。つまり、モノやサービスを、どのくらいの時間やコストを用いて生産するのかというものを表したものです。英語表記ですと「productivity」となります。

生産性の文章・例文

例文1.生産性を高めるために、従業員の意識改革を行った。
例文2.新しいシステムの導入は生産性をはるかに向上させた。
例文3.何もしていない時間は生産性がないのと同じだ。
例文4.自身の生産性を高めるために努力を怠らない。
例文5.休憩を用いることで生産性が高まるという実験結果が出た。
「生産性」を使った例文でした。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

生産性の会話例

  • 質問者アイコン

    うちの会社は自動化のシステムや無人のロボットを使うことで生産性を高めているんだって。

  • 回答者アイコン

    それはすごいね、なんか時代が進んでいる感じがするね。

  • 質問者アイコン

    でも、AI化が進むと、ヒトの仕事がなくなるって言われてるから怖いよね。

  • 回答者アイコン

    それは確かにそうだね。

「生産性」について会話をしている様子です。

生産性の類義語

「生産性」の類義語は、「効率」「能率」などです。

生産性まとめ

「生産性」とは、会社などでの従業員一人一人のコストに対する、成果量のことでした。仕事などにおいてもよく耳にする機会の多い言葉ではありますが、実際に詳しく知らなかった方はこれを機に覚えておくと良いかもしれません。どの仕事においても生産性はしっかりと高められるよう努力していきたいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事