瓜二つな兄弟。

瓜二つ(うりふたつ)

「瓜二つ」とは、親子や兄弟の顔や形がととてもそっくり似ていることです。よく双子の写真などを見た時に、“本当に瓜二つだね”などと使われると思います。今回はその「瓜二つ」について解説させて頂きます。

[adstext]
[ads]

瓜二つの意味とは

「瓜二つ」の意味は縦に二つに割った瓜の切り口のように、親子や兄弟の顔や形がそっくりであるということです。

瓜二つの由来

瓜を2つに割った時に、切り口がほぼ同じでとても良く似ていることから、瓜二つという言葉が使われるようになりました。

瓜二つの文章・例文

例文1.あの双子は本当に小さい頃から瓜二つだ。
例文2.彼は顔は似てないけど性格はお兄さんと瓜二つだ。
例文3.大人になった彼はお父さんと瓜二つだ。
例文4.この偉人の考えは、自分の考えと瓜二つだった。
例文5.世の中には全くの他人なのに瓜二つの顔の人がいる。
「瓜二つ」についての例文です。とても良く似ているというときに用いられます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

瓜二つの会話例

  • 質問者アイコン

    君は本当に兄弟そっくりだね。

  • 回答者アイコン

    最近よく言われるよ。昔は全然似てなかったのにな。

  • 質問者アイコン

    今では瓜二つだね。

  • 回答者アイコン

    なんだかあんまり嬉しくないな。

「瓜二つ」の会話例です。幼少期はあまり似ていなかったのに、大きくなってそっくりになる。もしくはその逆で、幼少期はそっくりだったのに大きくなって顔つきが変わるなんてこともよくありますよね。

瓜二つの類義語

「瓜二つ」の類義語は、「蛙の子は蛙」などです。

瓜二つまとめ

「瓜二つ」とは、瓜を割った時のように、親子や兄弟がまるでそっくりであるということでした。小さな瓜二つの双子や兄弟を見かけるととても可愛らしいですね。その他でも、親子そっくりという場面でも用いられます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事